夫の浮気の証拠がなくても慰謝料200万円を獲得できた妻Sさんの事例

ご相談者Sさん (福岡市西区)
職業:会社員
世帯年収:700万円
婚姻期間:6年
解決までの期間:5ヶ月
解決方法:協議
子どもなし
慰謝料を請求した

相手:30代会社員


サポート無 サポート有 増額
利益
慰謝料 0円 200
万円
200
万円

状況

Sさんは、夫の浮気発覚後すぐに夫との別居を開始し、別居開始5日後にご相談に来られました。

夫は、Sさんが浮気を問い詰めてもただ泣くだけという状況であり、Sさんは夫への慰謝料請求とともに離婚を決意して弁護士に依頼されました。

 

弁護士の関わり

Sさんから依頼を受けた弁護士は、夫に対し、文書で慰謝料を請求するとともに、協議離婚の申入れをしました。

もっとも、本件において、夫の浮気を立証するための資料は、夫のスーツのポケットに入っていた浮気相手からと思われる手紙、夫の携帯電話に保存されていた浮気相手と思われる女性の写真データ及び宿泊施設の写真データしかなく、その内容からして夫の浮気を裁判で立証するのは非常に困難な状況でした。

困る女性のイメージイラスト

弁護士の送付した慰謝料の支払いと離婚を求める書面に対し、夫からは、離婚については応じることや、不貞行為はしていないけれどもある女性と交際関係のような状況にあったことを認める旨の電話がありました。

弁護士は、法的手続きによらない交渉が依頼者にとって一番負担の少ない方法であると考えており、また本件は証拠が弱く裁判になっても夫の浮気が認められない可能性が高いことから、粘り強く交渉を進めました。

また、交渉の過程では、Sさんが夫の浮気でいかに傷ついたかということを、Sさん夫婦の婚姻中の関係やSさんの言葉を借りる等して具体的な説明をしていきました。

その結果、当初はSさんへの不満等も口にしていた夫ですが、最終的にはSさんへの謝罪の言葉とともに、総額200万円の慰謝料を支払うことと、協議離婚をすることに応じました。

なお、Sさんにおいても、夫の収入状況に鑑み、慰謝料の支払いについては分割での支払いに応じました。

 

補足

本件では、夫が途中で引越しをする等、一時夫との連絡がとりづらい時期がありました。

また、夫は、交際状況にある女性はいるが性的関係は一切ないとして不貞行為を認めておらず、早期に調停に移行すべきか悩ましい事案でした。

しかしながら、夫には、法的部分の主張だけではなく、Sさんの心情を切々と伝えることで、なんとか交渉における解決の糸口を掴むことができました。

ポイントの解説をする男性のイラスト

このように、事例によってはすぐに調停等の法的手続きに移行した方が良い場合もありますが、本件のような悩ましい事例の場合、交渉の仕方次第では調停に至らずに解決をすることも少なくありません。

そのため、弁護士は、いつどのような手段をとることが最適な解決方法かを常に模索する必要があります。

なお、本件では、夫に浮気をされた憤りや悲しみを抱えながらも、Sさんが感情的にならずに冷静に状況判断した上で、夫の慰謝料の分割払いの要求に応じたことも早い解決に繋がったのではないかと思います。

浮気による慰謝料請求について、くわしくはこちらをごらんください。

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 不貞を認めない
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

セクハラ被害者だと言い張り不倫を認めない相手から謝罪と慰謝料を獲得したKさんの事例

Kさんは、約20年前に夫と結婚し、2人の子を授かるなど幸せな婚姻生活を送っていました。 しかしながら、Kさんの夫は、Kさんの夫が勤めるA社に入社したばかりのYさんと肉体関係を持つようになりました。夫[...]

依頼結果:

慰謝料 50万円(50万円増額


40代女性 / 会社員 / 婚姻期間:20年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点