調停に出てこない夫から600万円の慰謝料を取得できた妻Yさんの事例

ご相談者Yさん (福岡市博多区)
職業:専業主婦
世帯年収:600万円
婚姻期間:25年
解決までの期間:2年
解決方法:調停
子どもあり (2人)
慰謝料を請求した

相手:50代会社員


サポート
サポート
増額
利益
慰謝料 0円 600
万円
600
万円
年金分割 50% 50%

状況

Yさんは、25年前に夫と結婚し、2人の子どもに恵まれました。
今では2人とも成人しています。

ところが、夫は女性と浮気をし、自宅から出て行き別居が開始しました。
夫には遊ぶ金を作るためか、借金があることも分かりました。

このような状態が続くことに耐え切れなくなったYさんは、離婚することを決意し、弁護士に依頼をしました。

 

弁護士の関わり

まず弁護士は、夫に対して内容証明郵便を送り、離婚協議を申し入れました。ところがその後電話をしても相手方からの反応はありません。
やむをえず弁護士は離婚調停を申し立てました。

しかし離婚調停を起こしても夫は調停にすら出てきません。
これでは全く協議を先に進めることができません。数回裁判所に調停期日を入れてもらうようお願いしたものの、いずれも夫は出てきませんでした。

困る女性のイメージイラストそこで、Yさん本人に「ちゃんと話し合いたいから調停に出てきてもらえませんか。」というような趣旨のメールを夫へ入れてもらいました。
そうすると、「次の調停には出ます。」という返信がありました。

弁護士は、Yさんから、夫が世間体を非常に気にするタイプだということを聞いていたので、期日に出てきた夫と調停後直接話をして、今後の見通しや、こちらの希望を丁寧に説明し、夫のメンツをつぶさないよう上手く条件提示をしました。

その後も当事務所で夫と条件面について何度も面談して粘り強く交渉した結果、600万円という相場からすると高額な慰謝料で合意する事ができました。

 

補足

配偶者の不貞行為を理由として離婚する場合、裁判所における慰謝料の相場は200万円から300万円程度と言われています。

不貞行為による慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

本件では、夫は最初、協議や調停の場に出てきませんでした。
これでは金額どころか、そもそも合意すらできません。そこで、夫とのコンタクトを交渉の場に出させるというスタートラインに乗せることが必要です。

 

また、金額についていうと、上記の相場はあくまで裁判所を通した場合のものですので、当事者で合意する場合には上記相場に縛られるものではなく、あくまで参考ということになります。

今回も不貞行為だけではなく、別居後にYさんが支払ってきた子どもの学費や、今後の生活への不安を払拭するためには、この程度必要だということを粘り強く説得した結果、相場よりも高額な慰謝料を確保することができました。

この事例の年金分割に関する説明は、こちらをごらんください。

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 単身赴任
  • 浮気
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

ケータイの予測変換から発覚!慰謝料をスピード回収できたUさんの事例

Uさんには、遠方で単身赴任をしている夫がいました。ある日夫のケータイの予測変換を見ると、女性とのやりとりと思われるワードが出てきたことから、夫の不貞が明るみになりました。Uさんは、相手に責任を取っても[...]

依頼結果:

慰謝料 200万円(200万円増額


女性 / 専業主婦 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点