連絡もとれず、アスペルガー症候群の疑いのある夫と早期に離婚を成立させた妻Iさん(20代)の事例

ご相談者Iさん (北九州市小倉南区)
職業:会社員
解決までの期間:10ヶ月
解決方法:裁判
子どもあり (2人)
離婚を切り出した


サポート無 サポート有 増額利益
婚姻費用 0円 月額6万5千円 月額6万5千円
養育費 0円 月額3万6千円 月額3万6千円

 

状況

ご相談に来られたIさんは、一年ほど前から夫が単身赴任をしており、子ども2人とともに生活を送っていました。

しかし、夫は家庭を省みないばかりか借金を繰り返していたことが発覚したうえ、Iさんに対し生活費を渡さないため、Iさんは夫と離婚することを決意しました。

Iさんから依頼を受けた弁護士は、すぐにIさんの夫に対し、文書で離婚協議を申し入れるとともに婚姻費用を請求しました。

しかし、夫はこれを無視したため、弁護士は速やかに次に離婚と婚姻費用について調停を申立てました。

離婚調停の呼び出しにも夫は無視したため、調停はすぐに不成立となりました。

夫とはもはや全く連絡をとることがかなわない状況でした。

そこで、弁護士は夫に対し、速やかに離婚訴訟を提起しました。

 

弁護士の関わり

夫は調停の呼び出しにも応じませんでしたが、婚姻費用については審判に移行したため、月額6万7000円との決定が出ました。

夫はこの支払いにも応じる気配がなかったため、婚姻費用については夫の職場に強制執行をかけ、夫に支払われる給料を差し押さえて一部を回収することが出来ました。

それと同時に、弁護士は離婚訴訟を提起しました。

離婚訴訟にも夫が姿を見せることはありませんでしたが、夫はIさんとの離婚を決意したのか、突然Iさんに対して離婚届を送付してきました。

そこで、弁護士はその離婚届を裁判所に証拠として提出しました。

裁判所はIさん夫婦の離婚原因を認めたため、訴訟で離婚を成立させることが出来ました。

 

補足

Iさんの事案では結果的に訴訟まで行いましたが、受任から訴訟で離婚が成立するまでわずか10ヶ月と速やかに手続を進めることが出来ました。

このように、夫が生活費を全く家に入れてくれなかったり、夫と連絡が全くとれない場合でも、弁護士に依頼することで生活費を回収したり、離婚を成立させたりすることが出来ます。

また離婚まで正しい手続を迅速に選択することが、速やかな離婚成立につながります。

この事例の婚姻費用についての説明はこちらをご覧ください。

アスペルガー症候群について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  

夫の女性関係に悩み、最終的に離婚を選んだ妻Eさん

約4年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。婚姻後3年を過ぎた頃に特定の女性と頻繁にLINEのやり取りをするようになりました。女性に対しても夫に関わらないよう強く求めましたが、夫の行動が止むことはなか[...]

依頼結果:

養育費 月額5万円(月額5万円増額


30代女性 / パート / 婚姻期間:4年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点