セクハラ被害者だと言い張り不倫を認めない相手から謝罪と慰謝料を獲得したKさんの事例

ご相談者Kさん (福岡市早良区)
職業:会社員
世帯年収:1000万円
婚姻期間:20年
解決までの期間:7ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (2人)
慰謝料を請求した

相手:20代会社員


サポート
サポート
増額
利益
慰謝料 50万円  50万円

状況

Kさんの事例の説明図

Kさんは、約20年前に夫と結婚し、2人の子を授かるなど幸せな婚姻生活を送っていました。

しかしながら、Kさんの夫は、Kさんの夫が勤めるA社に入社したばかりのYさんと肉体関係を持つようになりました。

夫とYさんが不貞関係を結んで数ヶ月後、Kさんが2人の不貞関係に気付き、Yさんに直接電話をしたところ、Yさんは、夫との不貞関係を結んだことを認め、Kさんに対し直接謝罪をするといった話をしていました。

ところが、その後、Yさんは急にA社を退社し、Kさんに謝罪することのないまま連絡が取れなくなりました。

Kさんは、Yさんにしっかり謝罪さえしてもらえれば慰謝料の支払いを要求するつもりはありませんでしたが、謝罪することのないまま姿を消そうとしたYさんの不誠実な態度に鑑み、慰謝料を請求することにしました。

そして、Kさんは、まずはご自身でYさん宛に内容証明郵便を送りましたが、Yさんは弁護士を代理人に立て、Yさんはセクハラ行為の被害者であると主張して慰謝料の支払いを拒絶しました。

そこで、Kさんはご自身での交渉に限界を感じ、弁護士に依頼をされました。

 

弁護士の関わり

依頼を受けた弁護士は、相手方弁護士に対し速やかに受任通知を送付し、今後の連絡は全て弁護士を窓口としてKさんへの連絡はしないよう要求しました。

また、相手方の不誠実な対応に鑑み、改めて慰謝料請求をし、またKさんと夫が、夫とYさんとの不貞関係が原因で現在離婚協議中であるといった事実を示しました。

しかし、やはりYさんは自身がセクハラ被害者であることを主張し、慰謝料を支払おうとはしませんでした。

 

そこで、弁護士は、Yさんの主張は、夫からの聴取内容やこれまでの事実経過等と矛盾する点が多々あるといったことについて書面をもって反論し、他方で、相手方弁護士と電話での交渉を行いました。

また、Kさんが第一に希望していることは、慰謝料の支払いではなく謝罪であったため、直接の謝罪は困難でも文書での謝罪をするよう要求し続けました。

結果的には、YさんがKさんに対し、文書での謝罪(合意書に謝罪条項を設ける形)をし、慰謝料を50万円支払うという内容で和解を成立させることができました。

 

補足

本事例のような不貞相手に対する請求については、金銭的な問題だけでなく感情的な問題も複雑に絡み合っています。

そのため、依頼者の中には、金銭はいらないが謝罪をして欲しいと言われる方も少なくありません。

しかしながら、裁判になった場合、裁判所が不貞相手に謝罪を命じるような判決をすることはなく、最終的には慰謝料という金銭で解決を図ることになります。

もっとも、交渉の段階であれば、慰謝料だけでなく謝罪を求めることも多々あり、合意書の中に謝罪条項を記載することも少なくありません。

 

本事例は、相手方がセクハラ被害を主張しているという特殊な事案であったため、相手方に不貞関係を認めた上で謝罪をさせるということはかなり難しい状況でしたが、粘り強い交渉と、何より慰謝料の合意金額を下げてでも謝罪をしてほしいというKさんの強い気持ちがあったことにより、最終的にはKさんの希望に沿う形での解決が可能となりました。

配偶者の不貞行為は、それだけで多大なる精神的苦痛を被るにもかかわらず、本事例のような不誠実な相手方だと精神的苦痛は増すばかりです。

配偶者の不貞が発覚したときは、一人で無理をされず、まずは一度弁護士にご相談いただければと思います。

不倫(不貞行為)と慰謝料について、くわしくはこちらをご覧ください。.

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 婚約破棄
  • 浮気
  • 流産
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

婚約者の女性関係により婚約解消。元婚約者から慰謝料を獲得したAさんの事例

結婚前提とした同居を開始。妊娠を機に入籍日、結婚式を挙げることも決め婚約。ところが、男性は婚約後間もなく、他の女性と肉体関係を持ち、精神的ダメージもあり、流産。納得がいかなかったため、今後のことについ[...]

依頼結果:

慰謝料 112万円(112万円増額


20代女性 / 会社員 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点