離婚を拒み続けた夫と4か月で離婚を成立させた、妻Eさん(20代)の事例

ご相談者Eさん (福岡市博多区)
職業:会社員(育児休暇中)
解決までの期間:4ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (長女)
離婚を切り出した


依頼前 依頼後 利益
離婚 ×不成立 ○成立
養育費 なし 月額2万円を満20歳まで 約450万円
婚姻費用 なし 月額8万円 32万円

 

状況

Eさんは、長女を妊娠したことがきっかけで夫と結婚しましたが、長女が生まれても同居することなく、生活費を負担しようとしない夫の態度に悩んでいました。

そして、夫が、Eさんのみならず、長女やEさんの親族に対し、心無い言葉を何度も発したことを機に離婚を決意し、夫と話し合いをはじめました。

しかし、夫は、絶対に離婚しないと話し合いに応じなかったうえ、Eさんが育児休暇中で収入額が大幅に減っているにもかかわらず、生活費の支払いも拒否しました。

途方に暮れたEさんは、協議離婚の代理交渉を弁護士に依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、夫に対し、協議離婚を申し入れるとともに、婚姻費用の支払いを求めました。

その後就任した夫の代理人弁護士は、婚姻費用の支払いには応じたものの、あくまで夫婦関係修復が前提であるとして、離婚を強く拒否しました。

弁護士は、Eさんから詳細に聞き取りを行い、Eさんが離婚を決意するに至った経緯を夫に説明する書面を送付しました。また、あくまで当事者間の話し合いを希望する夫に対し、Eさんが直筆で想いをしたためた手紙を送付しました。

その結果、夫は、離婚に応じ、最終的には、頑なに拒んでいた養育費の支払いにも応じました。

 

補足

Eさんのケースでは、夫の心無い言動を証明する資料がなかったことから、夫が離婚を拒否し続けた場合、裁判で離婚判決を早急に獲得することは難しい状況でした。

妻が離婚を希望し、夫が離婚を拒否する場合には、夫は、離婚成立まで、収入に見合った婚姻費用を支払っていくことになりますが、これまで婚姻費用を負担していなかったEさんの夫にとっては、月額8万円という婚姻費用の支払いを継続することは、かなり厳しかったものと思われます。

また、心無い言動が多かったEさんの夫のようにモラハラ型の相手方に対しては、弁護士が間に入ることで、依頼者の方の精神的負担を抑え、早期に離婚を成立させることが可能になることもあります。

夫が離婚に応じない場合にも、適切な対応をとって粘り強く交渉すると、結果的には短期間で離婚を成立させることも可能なのです。

この事例の婚姻費用に関する説明はこちらをご覧ください。

この事例の養育費に関する説明はこちらをご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  

夫の女性関係に悩み、最終的に離婚を選んだ妻Eさん

約4年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。婚姻後3年を過ぎた頃に特定の女性と頻繁にLINEのやり取りをするようになりました。女性に対しても夫に関わらないよう強く求めましたが、夫の行動が止むことはなか[...]

依頼結果:

養育費 月額5万円(月額5万円増額


30代女性 / パート / 婚姻期間:4年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点