離婚に全く応じない妻との離婚を成立させた事例

ご相談者Fさん (福岡県築上郡)
職業:会社員
解決までの期間:1年
解決方法:調停
子どもあり (長男)
離婚を切り出した

相手:専業主婦


依頼前 依頼後 利益
慰謝料 1000万円以上 0円 1000万円
養育費 月額6万円(未成年者の年齢に応じてさらに増額) 月額2万円 月額4万円
面会交流 ×

 

状況

Fさんは、妻と婚姻後、長男を授かりました。

しかし、Fさんはほどなくして、うつ病を発症し、入退院を繰り返すようになりました。

妻は病気に対する理解を全く示さず、Fさんは妻との結婚生活を続けるのは不可能と感じるまでになりました。

Fさんは妻と別居し、離婚の話合いを進めようと思っていましたが、Fさんが病気になった経緯もあり、Fさん自身が妻と直接話合いをするのは事実上不可能な状況であったため、弁護士に依頼しました。

 

弁護士の関わり

まず、弁護士はFさんの妻と連絡をとり、裁判所の手続を使わずに速やかに離婚を成立させるための交渉を開始しました。

しかし、Fさんの妻は、頑なに離婚を拒否するか、あるいは離婚と引き換えに法外な養育費や慰謝料を請求してきたりするといった対応で、話が進みませんでした。

そこで、弁護士は速やかに裁判所に離婚調停を申立てました。

調停では、交渉から引き続き適切な離婚条件を提示し、妻の説得に試みるとともに、長男との面会交流を強く求めました。

弁護士の粘り強い交渉の結果、Fさんは調停の場で、久しぶりに長男と再会するとともに、今後も面会交流の約束を取り付けることが出来ました。

面会交流以外の条件に関しても、妻は離婚を認めるとともに、法外な請求を諦めました。

そのためFさんは、妻と、適正な条件でスムーズに離婚を成立させました。

 

補足

弊所では、迅速な事件解決を目指しているため、比較的手続に時間がかかる調停を申立てる前に、まずは交渉から離婚協議をスタートさせます。

もっとも、相手方の反応によっては、調停を申立てた方が離婚の話合いがかえって迅速に進むケースもあります。

Fさんの事案でも、相手方は、Fさんとの修復を希望しているわけではなく、すんなりと離婚に応じることに強い拒否感を示していることが感じ取れました。弁護士は、妻との話合いの様子から、頑なな妻の態度は今後も長期的に変わらない可能性が高いと判断しました。

そこで、弁護士は話合いの場を調停に移すことで、現状を打開し、妻に状況を理解させ、適切な条件で離婚に応じさせることに成功しました。

このように離婚協議を進めるに当たっては適切な手続を選択することが、早期解決のために重要になります。

弊所では、ご依頼された方のご事情に応じて、適切な戦略をご提示し、交渉を進めます。

相手がなかなか離婚に応じてくれず、お困りの方は、ぜひ一度弊所にご相談ください。
この事例の養育費に関する説明は、こちらからご覧ください。

この事例の面会交流に関する説明は、こちらからご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • スピード解決
  • 自宅不動産
  • スピード離婚
  • 強い離婚原因がない
  • 破綻していた
  • 性格の不一致
  • 離婚の成立
  

早く離婚をしたいと家を飛び出した妻と好条件で離婚できた夫Tさんの事例

Tさんは、18年前に妻と結婚し、2人の子どもをもうけました。現在、子どもは2人とも高校生ですが、上の子は大学受験直前でした。結婚後、Tさんは、妻が宗教に入れ込みお金を浪費することに不満を感じていました[...]

依頼結果:

財産分与 0円(請求額から700万円減額に成功


50代男性 / 会社員 / 婚姻期間:18年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点