結婚してすぐ離婚を決意した夫が、早期に離婚を成立させた事例

ご相談者Jさん (福岡市早良区)
職業:会社経営者
解決までの期間:1年
解決方法:調停
離婚を切り出した


依頼前 依頼後 利益
離婚 ×困難 ○成立

 

状況

ご相談に来られたJさんは、交際時から、妻の精神不安定な面を目の当たりにし、この女性と夫婦としてやっていけるのか、不安を持っていました。

Jさんは慎重に考えましたが、女性を信じることにし、結婚に踏み切りました。

しかし、結婚後、妻は態度は良くなるどころか、不安定な面が日増しに悪化するようになり、Jさんが身の危険を感じるほどになりました。そのため、Jさんもこれ以上妻との結婚生活を続けることは困難と感じ、弁護士に離婚協議を依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Jさんの妻に離婚協議を申し入れました。

結婚してまだ日が浅かったこともあり、妻は離婚協議に積極的ではありませんでした。

程なくして、妻も弁護士に依頼したため、離婚協議は弁護士間で行われました。

弁護士とJさんは、妻の精神面に配慮しながら、あせらず着実に協議を進めました。

しかし、妻の考えはなかなか変わらなかったため、弁護士は次のステップとして調停に移行することをJさんに進めました。

調停に進んだ結果、妻も離婚について考えるようになり、調停を申立てて数ヶ月で離婚の合意を成立させることができました。

 

補足

Jさんの事案では、結婚して日も浅く、離婚原因も弱く、妻の同意なくして早期の離婚は困難な状況でした。

そのため、弁護士は妻の心情面にも配慮しながら、次のステップに進むタイミングを見計らいました。

その結果、妻が離婚の心の準備が少しずつできるようになり、数回の調停を経て離婚の合意を成立させることができました。

このように、離婚原因の弱い事案では、離婚協議を強行に進めるだけでなく、相手方の状況や心情面にも配慮した交渉が必要になります。

離婚原因が弱くても、交渉次第では離婚の合意を成立させることが可能です。

相手方が離婚に応じず、離婚協議が難航している方は、ぜひ一度、弊所にご相談ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚に応じない
  • 金銭問題
  • 熟年離婚
  • 別居の拒否
  • 性格の不一致
  • 離婚の成立
  

将来の生活への不安から離婚に消極的な妻との熟年離婚を成立させた夫Bさんの事例

Bさんは、30年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。長女は既に成人しています。Bさんと妻の関係が悪化したのは、Bさんの仕事の関係で転勤をしなければならなくなった際に、妻が一緒について行かないと言った[...]

依頼結果:

財産分与 1200万円(請求額から900万円減額に成功


50代男性 / 会社役員 / 婚姻期間:30年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点