軽度の精神疾患のある妻との離婚と親権を希望する夫Cさんの例

ご相談者Cさん (福岡県大野城市)
職業:医師
婚姻期間:7年
解決までの期間:1ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (5歳女の子)
離婚を切り出した


状況

医師であるCさんは、妻と結婚してから7年が経過し、子どもは長女(5歳)が一人いました。

性格の不一致などのため、数年前から夫婦仲が悪化していました。

また、妻は、数年前から軽度の精神疾患にかかっており、半年前にスーパーで万引きして逮捕されていました。

Cさんは、妻に対し、今度万引きしたら離婚すると話していましたが、また、妻はスーパーで万引をして逮捕されました。

Cさんは、妻とは離婚したいが、親権は譲るつもりはないと当事務所に相談に来ました。

 

弁護士の関わり

当事務所は、妻と面談し、離婚交渉を開始しました。

結果として、現金300万円、夫名義のマンションを財産分与する代わりに、親権を夫とするということで協議離婚が成立しました。

受任から離婚まで1か月というスピード解決となりました。

 

補足

子どもさんが小さい場合、通常、親権は母親が有利です。

ただし、今回は、妻の犯罪、精神疾患、夫の専門職業などから裁判になった場合、夫に親権が認められる可能性は十分ありました。

ただ、早急に解決したいという要望に応えるため、条件の良い財産分与を提示し、妻を説得することで、1か月間という早さで解決できました。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

親権とは?
親権者指定の判断基準を押さえる
親権を取得するための留意点

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • スピード解決
  • 自宅不動産
  • スピード離婚
  • 強い離婚原因がない
  • 破綻していた
  • 性格の不一致
  • 親権
  

早く離婚をしたいと家を飛び出した妻から親権を取得した夫Tさんの事例

Tさんは、18年前に妻と結婚し、2人の子どもをもうけました。現在、子どもは2人とも高校生ですが、上の子は大学受験直前でした。結婚後、Tさんは、妻が宗教に入れ込みお金を浪費することに不満を感じていました[...]

依頼結果:

親権 ○(獲得


50代男性 / 会社員 / 婚姻期間:18年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点