モラハラ夫から月額16万円の養育費を受け取れるようになった妻Sさん(20代)の例

ご相談者Sさん (福岡市中央区)
職業:専業主婦
世帯年収:1000万円
解決方法:協議
子どもあり (2人)
離婚を切り出した

相手:会社員


状況

Sさんは夫と結婚して専業主婦になり、子どもが二人いました。夫の年収は約1000万円でした。

夫は結婚してから別人となったようにSさんに暴言を吐き、行動を支配するようになりました。

Sさんは、夫のモラハラに耐えかね、子どもを連れて実家へ帰りました。

しかし、夫はSさんに生活費をまったく渡さず、離婚しても養育費など払うつもりはないと開き直りました。

そこで、Sさんは当事務所に夫との離婚をご依頼されました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Sさんの代理人として、夫に協議離婚の申し入れを行いました。

当初、夫は離婚にも応じないし、養育費を渡さないと言い張りましたが、交渉の末、離婚が成立しました。

そして、子ども達が成人するまで、月額16万円の養育費を支払っていくという内容の公正証書を作成し、協議離婚が成立しました。

 

補足

相手がお金に対して執着心が強かったり、モラハラの傾向がある場合、養育費を支払ってくれない場合が多々あります。

そのような場合、家庭裁判所へ申し立てることで、養育費の支払い命令が出るのですが、裁判所を利用すると時間がかかってしまい、相談者の負担になります。

そこで、当事務所では、まず、弁護士が代理人として、相手を説得し、交渉します。

多くの場合、この方法で裁判所まで行かずとも、養育費を受け取れるようになります。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

養育費とは?
養育費の通常の算定方法
相手方の収入を調べる
養育費の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 浮気
  • LINE
  • 養育費を増額
  • 相手に浮気された
  

夫の女性関係をきっかけに離婚を決意し、養育費の取り決めをした妻Eさん

約4年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。婚姻後3年を過ぎた頃に特定の女性と頻繁にLINEのやり取りをするようになりました。女性に対しても夫に関わらないよう強く求めましたが、夫の行動が止むことはなか[...]

依頼結果:

養育費 月額5万円(月額5万円増額


30代女性 / パート / 婚姻期間:4年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点