自営業者である夫から相場を大幅に上回る養育費を短期間で取得できた妻(30代)の事例

ご相談者Yさん (北九州市戸畑区)
職業:パート
婚姻期間:15年
解決までの期間:3週間
解決方法:協議
子どもあり (12歳長女、10歳長男)
離婚を切り出した

相手:自営業(電気工事関係)


依頼前 依頼後 利益
離婚 ×不成立 ○成立
養育費 月額1万円 月額15万円 月額14万円
慰謝料 0円 500万円 500万円

 

状況

Yさんは、15年前に夫と結婚し、子ども2人(12歳女、10歳男)を授かりました。

夫は、電気工事関係の自営業者でした。

夫は従業員1名の個人事業主であり所得は不明の状態でした。妻はスーパーでパートをしており、給与は月額12万円程度でした。

10年ほど前、夫は他の女性と浮気をしました。その浮気を知ったYさんは、相手の女性の自宅へ会いに行きました。そして、浮気を止めさせ、二度と夫と浮気をしないことを約束してもらいました。また、夫も二度と浮気をしないことを約束しました。

その後、しばらくの間、平穏な生活が続きました。

ところが、数年前から夫は月に1回程度しか自宅に帰ってこなくなりました。

夫はYさんに対し、「東北に出張に行っている。」などのいいわけを行っていましたが、金融機関の取引履歴から福岡県内に滞在していることは明らかでした。

また、Yさんは、夫の従業員から、夫が他の女性と浮気していると教えてもらいました。この従業員はYさんとの関係がうまくいっておらず、Yさんに対して不満を持っていたのです。

離婚すべきかどうか迷ったYさんは、当事務所に相談のためご来所されました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、詳しい事情をうかがい、夫の不貞行為の可能性が高いと考え、連携している調査会社をご紹介しました。そして、Yさんは、調査会社に夫の素行調査を依頼しました。

調査の結果、現在、夫は他の女性と福岡県内で同棲生活を送っていることが判明しました。

しかも、その女性は、夫が10年前に不貞行為を行った女性と同一人物だったのです。また、その女性について、氏名や住所、飲食店(スナック)で働いていること等も判明しました。

Yさんは離婚を悩まれましたが、これ以上、夫との結婚生活を継続することは無理と考え、弁護士に夫との協議離婚の交渉、相手の女性への慰謝料請求を依頼しました。

そこで、弁護士は、夫に対して、協議離婚を書面で申し入れ、不貞相手の女性に対して内容証明郵便にて慰謝料を請求しました(夫も相手の女性も同棲していたので、同じ住所へ別々の書面を送付)。

交渉の中で、夫に対しては、養育費として月額15万円の支払いをお願いしました。夫の所得金額は、それほど高くないため、本来であれば養育費は月額1万円程度が相場の事案でした。しかし、子ども達の生活や教育のために必要なお金であることを了承してもらい、養育費について、月額15万円という内容で合意(公正証書)が成立しました。

また、離婚慰謝料は、不貞相手の女性と夫が連帯して500万円を分割して支払うという内容で離婚が成立しました。

 

補足

養育費の額について、争いとなると、夫婦双方の年収をもとに算定表等を使って適正額(相場)を算出します。自営業者の場合、所得(売上から経費等を控除したもの)をもとに算出します。

本件においては、夫の所得と妻の年収から相場を算出すると、養育費は子ども2人分でも月額1万円程度となりました。

しかし、結婚している間、夫は毎月10万円から20万円程度の生活費を支払っていました。また、夫は、不貞行為を行ったものの、子ども達への愛情は深かったので、交渉することで、月額15万円という相場を大幅に上回る養育費の支払いに快く応じてくれました。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

養育費とは?
養育費の通常の算定方法
相手方の収入を調べる
養育費の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 浮気
  • LINE
  • 養育費を増額
  • 相手に浮気された
  

夫の女性関係をきっかけに離婚を決意し、養育費の取り決めをした妻Eさん

約4年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。婚姻後3年を過ぎた頃に特定の女性と頻繁にLINEのやり取りをするようになりました。女性に対しても夫に関わらないよう強く求めましたが、夫の行動が止むことはなか[...]

依頼結果:

養育費 月額5万円(月額5万円増額


30代女性 / パート / 婚姻期間:4年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点