頑なに拒んでいた養育費の支払いを応じさせた、妻Eさん(20代)の事例

ご相談者Eさん (福岡市博多区)
職業:会社員(育児休暇中)
解決までの期間:4ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (長女)
離婚を切り出した


依頼前 依頼後 利益
離婚 ×不成立 ○成立
養育費 なし 月額2万円を満20歳まで 約450万円
婚姻費用 なし 月額8万円 32万円

 

状況

Eさんは、長女を妊娠したことがきっかけで夫と結婚しましたが、長女が生まれても同居することなく、生活費を負担しようとしない夫の態度に悩んでいました。

そして、夫が、Eさんのみならず、長女やEさんの親族に対し、心無い言葉を何度も発したことを機に離婚を決意し、夫と話し合いをはじめました。

しかし、夫は、絶対に離婚しないと話し合いに応じなかったうえ、Eさんが育児休暇中で収入額が大幅に減っているにもかかわらず、生活費の支払いも拒否しました。

途方に暮れたEさんは、協議離婚の代理交渉を弁護士に依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、夫に対し、協議離婚を申し入れるとともに、婚姻費用(月額8万円)の支払いを求めました。

代理人弁護士に説得された夫は、婚姻費用の支払いには応じましたが、離婚については頑なに拒否していました。

弁護士は、Eさんが離婚を決意した経緯を書面で詳細に主張したうえ、Eさんが書いた直筆の手紙を代理人を通じて夫に渡し、粘り強く夫と交渉しました。

その結果、夫は、養育費を支払わないでいいのであれば離婚しないとの態度に転じましたが、弁護士は、双方の収入に見合った適正額の養育費支払いを強く求めました。

最終的に、夫は、頑なに拒んでいた養育費の支払いに応じたうえで離婚に合意しました。

 

補足

Eさんのケースでは、夫の心無い言動を証明する資料がなかったことから、夫が離婚を拒否し続けた場合、裁判で離婚判決を早急に獲得することは難しい状況でした。

Eさんは、仕事復帰後は夫とほぼ同じ金額の収入を得る見込みであったため、早期に離婚ができるのであれば、と養育費の請求を一度は断念しかけました。

しかし、弁護士は、養育費が、お子さんが健やかに成長するために重要なものであることをEさんに説明し、相手方と交渉を重ねた結果、適正額の養育費を獲得できたのです。

相手方から、養育費を支払わなくてもいいのであれば離婚するなど、理不尽な要求をされて困っているという方は、一度弁護士にご相談ください。

この事例の婚姻費用に関する説明はこちらをご覧ください。

この事例の離婚に関する説明はこちらをご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

養育費とは?
養育費の通常の算定方法
相手方の収入を調べる
養育費の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 養育費を支払わない
  • 養育費を増額
  • 相手に浮気された
  

会社社長の夫から月額40万円の養育費を取得できた妻Kさんの事例

Kさんは、12年前に夫と結婚し、2人の子どもを出産しました。 夫は、父から継いだ会社を経営しており、家庭は裕福でした。 しかし、夫は、毎晩のように、飲みに出かけており、帰宅は朝方になることも度々あ[...]

依頼結果:

養育費 月額40万円(月額20万円増額


30代女性 / 専業主婦 / 婚姻期間:12年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点