面会交流を頑なに拒否するモラハラ妻との間で、離婚と面会交流の合意を成立させた事例

ご相談者Fさん (福岡県築上郡)
職業:会社員
解決までの期間:1年
解決方法:調停
子どもあり (長男)
離婚を切り出した

相手:専業主婦


依頼前 依頼後 利益
慰謝料 1000万円以上 0円 1000万円
養育費 月額6万円(未成年者の年齢に応じてさらに増額) 月額2万円 月額4万円
面会交流 ×

 

状況

ご相談に来られたFさんは、長男(3歳)が一人いましたが、妻との結婚生活によるストレスが一因となってうつ病を発症し、病気に対して理解のない妻との離婚を決意して来所されました。

来所当時、Fさんは既に妻と長男とは別居しており、親権を妻に渡すことについてはやむを得ないとの考えでした。

Fさんは、長男に対して深い愛情を示しており、長男と会うことを強く望んでいましたが、妻はFさんが離婚を求めてきたことに激怒し、長男を会わせることを頑なに拒否しました。

 

弁護士の関わり

弁護士はすぐに妻に離婚協議を申し入れ、交渉をスタートさせました。

妻は、離婚を強く拒否し、離婚協議は難航することが予想されました。また、離婚を申し入れられたことに激怒した妻は、Fさんと長男との面会交流も一切認めませんでした。

そこで、弁護士は、離婚調停とともに面会交流についても調停を申立てました。

別居後、一年近く長男と会えていなかったFさんでしたが、調停で強く面会交流を求めることで、長男との再会を果たしました。

その後も、プレゼントのやり取りなどを通じて、Fさんは長男との交流を深めました。

妻は調停中、離婚はもちろんのこと面会交流も強く拒否していましたが、弁護士の働きかけにより、最終的にはFさんと長男との面会交流を認める内容を含めた条件で、離婚に合意しました。

 

補足

本来、離婚と親子の問題は別々に考えなければなりませんが、夫婦間で紛争が生じると、その影響が子に及ぶことは少なくありません。

しかし、同居していない親は、子と面会交流をする権利があります。これは子の権利でもあります。

紛争に巻き込まれた子のためにも、離婚と面会交流は切り離して考え、面会交流について双方の親が協力して早期に実現させる必要があります。
この事例の離婚に関する説明はこちらをご覧ください。

この事例の養育費に関する説明はこちらをご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

面会交流とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 養子縁組
  • 子どもに会わせない
  • 面会交流
  • 一方的な別居
  

暴力を受けたと嘘をつく妻から面会交流を成功させた夫Sさんの事例

Sさんは、5年前に妻と結婚しました。 妻は、バツイチであり、連れ子がいました。Sさんは連れ子と養子縁組しました。 結婚して2年ほどして、子どもが生まれました。 Sさんは、連れ子も実の子どもと同様[...]

依頼結果:

面会交流 ○取得


40代男性 / 会社員 / 婚姻期間:5年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点