結婚してわずか1か月で離婚を申し込んできた夫から、高額な慰謝料を獲得したYさんの例

ご相談者Yさん (福岡県筑紫野市)
婚姻期間:1ヶ月
解決方法:協議
子どもあり
離婚を求められた

相手:医師


状況

Yさんは医師である夫と結婚しましたが、夫は同居せず、しかも、慰謝料として100万円支払うから離婚しろと言ってきました。

Yさんは、夫のあまりにも無責任な対応にどうしてよいか分からず、弁護士に相談しました。

Yさんは、そんな夫との離婚を決意し、実家へ帰るという形で別居しました。ところが、夫は、子どもに会わせろと要求し、弁護士へ依頼して家庭裁判所に面会交流の申し立てを行いました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Yさんがまだ離婚するかどうか悩まれていたため、離婚カウンセラーによるカウンセリングを行いました。

しかし、Yさんは夫と向き合い話し合いましたが、それでも夫の離婚の意思は代わりませんでした。

そこで、弁護士は、夫に対して、婚姻費用を請求し、その上で、1000万円の慰謝料を支払わせることを条件に離婚が成立しました。

 

補足

この事例では、相手の年収が高額であったことから、高額な慰謝料を取得できました。

しかし、実は、それ以上に重要だったことは、まず、婚姻費用を請求し、確定させたことです。

夫の年収からすれば、夫は離婚が成立するまで、月約50万円もの婚姻費用を支払わなければなりませんでした。

このような場合、最初に婚姻費用を確定することで、夫に対し、「離婚できないまま高額な婚姻費用を支払い続けるよりは、相手が望む慰謝料を支払って離婚した方がましだ」と気づかせるのです。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 単身赴任
  • 浮気
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

ケータイの予測変換から発覚!慰謝料をスピード回収できたUさんの事例

Uさんには、遠方で単身赴任をしている夫がいました。ある日夫のケータイの予測変換を見ると、女性とのやりとりと思われるワードが出てきたことから、夫の不貞が明るみになりました。Uさんは、相手に責任を取っても[...]

依頼結果:

慰謝料 200万円(200万円増額


女性 / 専業主婦 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点