不貞夫と相手女性から、短期間で慰謝料190万円を獲得した妻Oさん(30代)の事例

ご相談者Oさん (山口県下関市)
職業:専業主婦
婚姻期間:2年
解決方法:協議
離婚を切り出した


依頼前 依頼後 利益
離婚 ×不成立 ○成立
財産分与 0円 20万円 20万円
慰謝料 0円 190万円 190万円

 

状況

ご相談に来られたOさん(30代)は、約2年前に結婚した夫の冷淡な態度に悩まされていました。

そして、夫のメールから、元職場の同僚女性と不貞をしていることが発覚したことがきっかけで、夫との協議離婚の代理交渉と、不貞相手への慰謝料請求を弁護士に依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、夫に協議離婚申入書、不貞相手へ慰謝料請求通知を送ったところ、両名が同じ代理人を選任したことから、相手方代理人弁護士との間で交渉を始めました。

相手方は、離婚には応じる姿勢はみせたものの、積極的に不貞を認めることはありませんでした。そして、収入が高くないことを理由に、夫、不貞相手あわせての解決金として100万円を提案してきました。

相手方の提案額は、夫の不貞により家庭を壊されたOさんにとっては十分な金額ではなかったことから、納得いく慰謝料金額でなければ長期協議も辞さないという強い姿勢で交渉を行い、慰謝料の増額を目指しました。

その結果、当初の提示額の約2倍の慰謝料と、ほとんどなかった共有財産の全額分与を条件に、離婚及び示談交渉を成立させました。

 

補足

弁護士が受任した際、Oさんの婚姻期間は2年と短かったうえ、不貞を立証する証拠が十分とは言い難い状態でしたので、訴訟に移行した場合に多額の慰謝料を獲得できるかは微妙でした。

もっとも、相手方らは早期解決を望んでいたことから、相手方(夫)がもっとも強く望んでいた離婚の長期化も示唆することで、結果的には裁判基準より高い慰謝料を獲得することができました。

相手方の意向を的確に察知し、それに合わせた交渉方法を選択することが重要といえます。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 不貞を認めない
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

セクハラ被害者だと言い張り不倫を認めない相手から謝罪と慰謝料を獲得したKさんの事例

Kさんは、約20年前に夫と結婚し、2人の子を授かるなど幸せな婚姻生活を送っていました。 しかしながら、Kさんの夫は、Kさんの夫が勤めるA社に入社したばかりのYさんと肉体関係を持つようになりました。夫[...]

依頼結果:

慰謝料 50万円(50万円増額


40代女性 / 会社員 / 婚姻期間:20年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点