支払い能力の低い相手方から、80万円の慰謝料を獲得した事例

ご相談者Aさん (福岡県豊前市)
職業:会社員
解決方法:協議
慰謝料を請求した


依頼前 依頼後 利益
慰謝料 0円 80万円 80万円

 

状況

会社員として働くAさんは、夫が長期間不貞していたことが発覚しました。

そこで、夫と離婚したうえ、不貞相手の女性に対し、慰謝料を請求しました。

Aさんは夫との間で、既に300万円を超える慰謝料額で合意していました。

他方で、不貞相手の女性は経済的に余裕がなく、慰謝料を支払う旨の合意をしてくれるか、そしてきちんと支払ってくれるかとても不安でした。

そのため、Aさんは不貞相手の女性に対する慰謝料請求を、弁護士に依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、不貞相手の女性に対し、速やかに慰謝料請求の書面を送付しました。

書面をみた女性は、弁護士に依頼し、弁護士間での交渉が始まりました。

交渉を始めた当初、女性側は法的な責任はないと主張しつつ、少額の解決金を提示してきていました。そこで弁護士が粘り強く、不貞態様の悪質さやAさんが受けた精神的苦痛の大きさを書面で主張した結果、最終的に金銭的に余裕の無い不貞女性から80万円の慰謝料を一括で支払ってもらうことができました。

 

補足

不貞行為の慰謝料は、いわゆる「不真正連帯債務」と呼ばれる性質のもので、Aさんの場合は、夫と不貞女性の双方、あるいはいずれか一方から回収することができます。

既に夫から300万円を超える慰謝料を支払ってもらう合意をしているAさんは、そのことを理由に不貞相手の女性から慰謝料を支払ってもらえない可能性もありました。

また、女性は経済的にも余裕が無く、分割での支払を受けるとなると、万一にも支払いがストップするリスクもありました。

しかし、結果として、Aさんは、支払い能力も低い女性から一括で80万円の支払いを受けることができました。

このように、慰謝料請求の事案において、支払い能力の低い相手方からも、交渉次第ではきちんと慰謝料を支払ってもらうことが可能になります。

不貞行為の慰謝料請求でお困りの方は、ぜひ一度弊所にご相談ください。

不貞行為に基づく慰謝料請求について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 不貞を認めない
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

セクハラ被害者だと言い張り不倫を認めない相手から謝罪と慰謝料を獲得したKさんの事例

Kさんは、約20年前に夫と結婚し、2人の子を授かるなど幸せな婚姻生活を送っていました。 しかしながら、Kさんの夫は、Kさんの夫が勤めるA社に入社したばかりのYさんと肉体関係を持つようになりました。夫[...]

依頼結果:

慰謝料 50万円(50万円増額


40代女性 / 会社員 / 婚姻期間:20年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点