妻からの慰謝料請求を0円にして離婚を成立させたAさんの事例

ご相談者Aさん (福岡市博多区)
職業:自営業
世帯年収:520万円
婚姻期間:約8年
解決までの期間:6ヶ月
解決方法:調停
子どもあり (5歳)
離婚を求められた

相手:パート


依頼前 依頼後 利益
養育費 月額10万円
(満22歳まで)
月額5万円
(20歳まで)
月額5万円
慰謝料 100万円 0円 100万円

 

状況

Aさんは妻と婚姻後、子どもを授かりました。

その後、Aさんと妻は徐々に不仲になっていき、婚姻後7年ほどしてから別居を開始しました。その際、妻は子ども(当時5歳)を連れて出ていきました。

別居してから数ヶ月経った頃、妻は代理人を通じて離婚調停を申し立ててきました。

妻は、Aさんに対して、子どもの養育費として、月額10万円を満22歳に達する月まで支払うよう請求してきました。

また、Aさんとの同居中、Aさんに日々暴言を吐かれたり、威圧的な態度をとられ、多大な精神的苦痛を受けたとして、慰謝料100万円を請求してきました。

Aさんは、養育費について、このような条件で合意をしてしまったら自分の生活が成り立たなくなると不安になりました。

また、慰謝料請求について、事実と異なるところが多々あるにもかかわらず、このままでは自分が一方的に悪者にされて、100万円を払わされてしまうのではないかと不安になりました。

こうした事情から、Aさんは弊所にご来所、ご相談されました。

 

弁護士の関わり

まず、弁護士はAさんから事実関係を細かく聴取しました。
そして、調停の中で妻の主張が一方的なものであること、Aさんこそが妻から様々な暴言や嫌がらせを受けていたことを細かく指摘するとともに、Aさんの主張を裏付ける資料を必要に応じて提出しました。

その上で、妻に対して慰謝料150万円を請求しました。

双方が慰謝料請求をすると、対立が激化してしまうことがよくあります。

しかし、本件では、妻が調停の中で対立を激化させることを望んでいないと想定されたこと、慰謝料請求をするために、調停を不成立にして離婚訴訟を提起する意向がないと考えたため、あえてこのような戦略を立てました。

調停が進むにつれて、妻は、慰謝料請求の主張し続けることに消極的になってきました。

結果として、双方とも相手方に対して、慰謝料を支払わない形で調停が成立しました。

 

補足

【慰謝料】

相手方が突然慰謝料請求をしてくると、とても不安になると思います。

慰謝料請求金額が高額であればなおさらです。

そのような場合に、相手方の慰謝料請求を可能な限り封じるためには、きちんとした戦略を立てる必要があります。

どのような戦略を立てるかはケースバイケースですが、本件では上記のような戦略を立てることが必要と判断し、結果として相手方の慰謝料請求を封じることができました。

突然相手方から慰謝料を請求されて、どうすればよいのか分からず困っておられる方は、当事務所にご相談ください。

この事例の養育費について、詳しくはこちらをご覧ください。



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 破綻していた
  • 性格の不一致
  • 慰謝料を減額
  

作戦的に慰謝料を支払うことでスムーズに離婚を成立させた夫Hさんの事例

Hさんは、15年前に結婚し、その後3人の子どもをもうけました。しかし、1年ほど前に突如妻の代理人弁護士から性格の不一致を理由とする離婚協議の申し入れがありました。この時点でHさん自身も夫婦関係が非常に[...]

依頼結果:

慰謝料 200万円(300万円減額)
 


30代男性 / 会社員 / 婚姻期間:15年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点