財産分与の割合を7:3とした会社経営者である夫Kさん(50代)の例

ご相談者Kさん (福岡市早良区)
職業:会社経営者
婚姻期間:約30年
解決方法:協議
離婚を切り出した

相手:専業主婦


状況

Kさんは、20代の頃妻と結婚し、裸一貫で会社を作り、仕事に打ち込み、業績を伸ばしてきました。

Kさんの妻は、専業主婦でしたが、家事をあまりせず、普段からよく遊びに出かけていました。

Kさんは、そんな妻との別れを決意し、離婚を申し入れました。妻は、弁護士を立て、条件次第で離婚に応じると言いましたが、Kさんの資産(約9000万円)の半分を財産分与として要求しました。

Kさんは、そんなに多額の財産分与に応じられないと主張しましたが、相手方が聞く耳を持たなかったため、弁護士に交渉を依頼されました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、過去の裁判例等を引用して、財産分与の半分は認められないと主張し、相手方と交渉しました。

その結果、財産分与の割合を7:3(夫が約6300万円、妻が2700万円)とすることで話がまとまり、離婚することができました。

 

補足

財産分与に際しては、本来、2分の1ルールと呼ばれるものがあります。

それは、離婚の際、お互いの財産を半分にするという原則です。

しかし、この事案では、夫が会社の社長であり、妻の協力がほとんどない状況で莫大な資産を形成しており、2分の1ルールを適用するのは適切ではありません。

そこで、2分の1ルールを適用しなかった過去の裁判例等を引用し、相手の説得に成功しました。

その他、会社経営者に特有の離婚問題についてはこちらをご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

財産分与とは?
財産分与の対象財産を洗い出す
財産分与の基礎知識
財産分与の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚に応じない
  • 金銭問題
  • 熟年離婚
  • 別居の拒否
  • 性格の不一致
  • 財産分与
  

離婚に消極的な妻からの財産分与請求を大幅に減らして熟年離婚を成立させた夫Bさんの事例

Bさんは、30年前に婚姻し、その後長女が誕生しました。長女は既に成人しています。Bさんと妻の関係が悪化したのは、Bさんの仕事の関係で転勤をしなければならなくなった際に、妻が一緒について行かないと言った[...]

依頼結果:

財産分与 1200万円(請求額から900万円減額に成功


50代男性 / 会社役員 / 婚姻期間:30年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点