わずか1か月というスピード解決により離婚が成立したLさんの例

ご相談者Lさん (福岡県春日市)
職業:会社員
婚姻期間:20年
解決までの期間:1ヶ月
解決方法:協議
子どもあり
離婚を求められた


状況

Lさんは、20年ほど前に妻と結婚しました。
しかし、子どもの進学問題をめぐって次第に夫婦関係が悪化したため、Lさんは自宅を出て、別居生活をしていました。

その後間もなく、妻が弁護士を立てて、Lさんに協議離婚の申入れをしてきました。
Lさんとしても、離婚には応じるという意向でしたが、条件面について、弁護士と交渉することに不安を感じたLさんは、当事務所に依頼されました。

 

弁護士の関わり

Lさんから依頼を受けて早速、相手方の弁護士と離婚条件について交渉しました。
当初、Lさんとしては、自宅不動産を売却して住宅ローンを返済したいと考えていました。
ところが、相手方が自宅の取得を希望したため、住宅ローンの残りを妻が支払うこと、自宅の分与を子どもの養育費に充てるということを条件として交渉し、その結果、依頼を受けてからわずか1か月という早い期間で合意が成立しました。

不動産以外の預貯金の財産分与についても、相互に財産を開示し、半分ずつに分けるということになり、Lさんは相手方から財産を獲得することができました。

 

補足

Lさんの事例のように、相互に弁護士がつくと、交渉がスムーズに行くケースが多くあります。
そして、弁護士への依頼は、できるだけ早い段階で行うのがよいです。
交渉が暗礁に乗り上げてから依頼をされても、なかなかうまくいきません。弁護士に依頼するかどうか迷っている方は、その段階で弁護士に相談して依頼をすべきでしょう。

また、自宅不動産の売却となると、売却先がすぐに見つかるとは限りませんので、解決まで時間がかかる場合もあります。
Lさんの場合、早く解決(離婚)することが最優先であったため、残りの住宅ローンを相手方が負担した上で、なおかつ、養育費も今後支払わずに済むという条件は、Lさんにとって十分にメリットのある解決であったと思います。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚に応じない
  • 不貞行為
  • 単身赴任
  • 過大な要求をする
  • 性格の不一致
  • 離婚の成立
  

夫の不倫を理由に離婚条件を吊り上げてきた妻との協議離婚を成立させた、夫Oさんの事例

Oさんは約25年前に結婚し、二女一男をもうけました。女性問題があったこともあり、次第に会話がなくなっていき、夫婦としての実態もなくなり、離婚を申し出ましたが、拒否。その後、Oさんは単身赴任。現状を何と[...]

依頼結果:

離婚 ○成立


50代男性 / 会社役員 / 婚姻期間:25年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点