アスペルガー症候群の疑いのある夫から、500万円の財産分与を受ける合意を成立させた事例

ご相談者Iさん (福岡県太宰府市)
職業:会社員
解決までの期間:1年
解決方法:協議
子どもあり
離婚を切り出した


依頼前 依頼後 利益
養育費 0円 月額10万円 月額10万円
財産分与 0円 500万円 500万円
解決金 0円 50万円 50万円
年金分割 × 50% 50%

 

状況

ご相談に来られたIさんは、10年ほど前に夫と別居し、長女と2人で暮らしていました。

Iさんは、夫とのコミュニケーションのとりづらさに疑問をもち、夫がアスペルガー症候群ではないかと疑いを持っておられました。

そこで、Iさんは、このような資質を持つ夫との離婚協議をスムーズに進めたいと思って弁護士を探した結果、弊所にたどりつき、依頼をされました。

夫の財産はIさんが管理しており、貯蓄がほとんど無いことは分かっていました。

しかし、Iさんが把握している財産以外にめぼしい財産があれば、Iさんは財産分与を受けたいと考えていました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Iさんの夫に対し、通知書を出し、離婚協議を開始しました。

弁護士は夫に対し、夫名義の財産資料の開示を求めました。そのなかでも特に、夫の退職金に着目しました。

弁護士の粘り強い交渉の結果、夫は退職金の現時点での支払い見込額の資料を開示しました。

資料から、夫がまとまった退職金の支払いを受ける予定であることが分かったため、弁護士はその退職金について、財産分与を求めました。

弁護士が、その根拠について丁寧に説明した結果、夫も財産分与として相当額をIさんに支払うことに合意しました。

 

補足

弁護士は、Iさんの夫に対し、財産分与の根拠とその額を、書面と口頭の両方の方法で、繰り返し説明し、夫の理解を深めました。その結果、夫も財産分与として相当額を支払うことに合意しました。

退職金の分与方法については、様々な考え方ができるところでもあり、夫との離婚協議が難航する可能性もありました。しかし、弁護士が夫に対しても誠意ある対応をした結果、夫の理解をえたうえで、裁判手続に移行することなく合意を成立させることができました。

このように、財産分与などの複雑な法律問題に関しては、相手方に対して、粘り強く説明をすることが、相手方の理解を深め、早期解決につながります。

相手方との財産分与についてお悩みの方は、ぜひ一度、弊所にご相談ください。
この事件の離婚の解決事例について、詳しくはこちらをご覧ください。

アスペルガー症候群について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

財産分与とは?
財産分与の対象財産を洗い出す
財産分与の基礎知識
財産分与の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 熟年離婚
  • 散財
  • 相手に浮気された
  • 財産分与
  

別居後に散財していた夫と、適正な形の財産関係の清算をしての熟年離婚を成立させた妻Fさんの事例

Fさんは約30年前に夫と結婚し、一男一女をもうけました。しかし、子ども達が独立し、夫が特定の女性と旅行に行くなどが発覚し、家を出て行ってしまい、別居。間もなく、夫に代理人が就き協議離婚を申し入れてきま[...]

依頼結果:

財産分与 1050万円(数百万円増額


50代女性 / パート / 婚姻期間:30年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点