生活費を渡さない夫から月額20万円の受け取れるようになった妻Sさん(20代)の例

ご相談者Sさん (福岡市城南区)
職業:専業主婦
世帯年収:1000万円
解決までの期間:2ヶ月
解決方法:協議
子どもあり (2人)
離婚を切り出した


状況

Sさんは夫と結婚して専業主婦になり、子どもが二人いました。夫の年収は約1000万円でした。

夫は結婚してから別人となったようにSさんに暴言を吐き、行動を支配するようになりました。

Sさんは、夫のモラハラに耐えかね、子どもを連れて実家へ帰りました。

しかし、夫はSさんに生活費をまったく渡さなくなりました。そこで、Sさんは当事務所に夫との離婚をご依頼されました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Sさんの代理人として、夫に協議離婚の申し入れを行い、同時に、婚姻費用を内容証明郵便で請求しました。

当初、夫は婚姻費用を渡さないと言い張りましたが、交渉の末、離婚が成立するまで婚姻費用として月額20万円を支払ってもらう内容の合意を締結しました。

 

補足

離婚が成立するまで、収入が多い配偶者は他方に対して生活費(婚姻費用といいます。)を支払う義務があります。

しかし、相手がお金に対して執着心が強かったり、モラハラの傾向がある場合、婚姻費用を支払ってくれない場合が多々あります。そのような場合、家庭裁判所へ申し立てることで、婚姻費用の支払い命令が出るのですが、裁判所を利用すると時間がかかってしまい、相談者の負担になります。

そこで、当事務所では、まず、弁護士が代理人として、相手を説得し、交渉します。多くの場合、この方法で裁判所まで行かずとも、婚姻費用を受け取れるようになります。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

婚姻費用とは?
婚姻費用の算定
婚姻費用の諸問題

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 離婚に応じない
  • 性格の不一致
  • 婚姻費用を増額
  

相手方が離婚に消極的であったにもかかわらず希望どおりの条件で離婚できた妻Hさんの事例

Hさんは、平成4年頃に結婚しましたが、平成27年頃から性格の不一致等により夫との離婚を考えるようになりました。何度か離婚の申入れをしましたが、夫が離婚に消極的であり、また仕事の関係で別々に暮らしていた[...]

依頼結果:

婚姻費用 月額24万円(月額12万円増額


50代女性 / 主婦 / 婚姻期間:24年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点