その他書式集


①財産目録

①財産目録画像この書式は、財産分与の前提として、夫婦双方名義の財産を整理するときに使用します。
基準時については、個別具体的な状況によって異なりますが、別居時、または現在時を基準時として作成すればよいでしょう。特有財産であっても、基本的には目録に計上し、相手方へ特有財産であることを説明し、対象財産から控除した方がスムーズに行くと思います。
財産分与について、くわしくはこちらをごらんください。

①財産目録【PDF】

①財産目録【Excel】

 

②子の監護に関する状況

②子の監護に関する状況画像この書式は、家裁に提出する子の監護に関する状況の様式です。
子の監護者指定の審判、親権をめぐる裁判等では、家裁から、子どもの監護状況について整理した資料の提出を求められることがよくあります。この書式は、その際に使用します。
また、現在、相手方のもとに子どもがいる方は、非監護親用の書式をご利用ください。
親権について、くわしくはこちらをごらんください。

②-1子の監護に関する状況【PDF】

②-1子の監護に関する状況【Word】

②-2子の監護に関する状況 (非監護親用)【PDF】

②-2子の監護に関する状況 (非監護親用)【Word】

 

③委任状(公正証書)

③委任状(公正証書用)画像この書式は、公正証書の作成を第三者に委任する場合のサンプル(記入例)です。
弁護士を代理人にする場合、当事者同士が公証役場で顔を合わせる必要がありません。
そのため当事務所では、離婚の協議のみならず、公証役場での手続一切のご依頼を受けております。

③委任状(公正証書用)【PDF】

③委任状(公正証書用)【Word】

 

④子の氏の変更許可審判申立書

④子の氏の変更許可審判申立書画像この書式は、子の氏の変更を家裁に申し立てる際に使用するサンプル(記入例)です。
離婚後、夫婦は別々の戸籍となります。戸籍と親権は、直接の連動はしないので、仮に母が子の親権者となっても、子を父の戸籍に入れておくこともできます。しかし、多くの親権者は自分と同じ戸籍に子を入れることを希望されます。その場合、家裁に対して子の氏の変更の審判を出してもらう必要があります。
なお、当事務所は、離婚問題をご依頼いただいた場合、子の氏の変更を無料でサポートしています。
子どもの氏と戸籍について、くわしくはこちらをごらんください。

④子の氏の変更許可審判申立書【PDF】

④子の氏の変更許可審判申立書【Word】

 

⑤面会交流のしおり

⑤面会交流のしおり画像この資料は、家庭裁判所が発行している面会交流の基本的ルールが記載されたしおりです。
面会交流を円滑に行うには、監護者、非監護者双方の協力が必要です。
子どものためにお互いルールを守って充実した面会交流を実現させましょう。

⑤面会交流のしおり【PDF】

 

⑥委任状(自動車の名義変更)

委任状(自動車の名義変更)
この書式は、財産分与に伴い自動車の名義変更を行う際に用いる委任状です。
普通自動車と軽自動車で書式が異なるのでご注意ください。

⑥委任状(自動車の名義変更)【PDF】