離婚を考えたとき、押さえるべき8つのポイント

新しい明日へ 離婚事件チームミッション

弁護士宮崎晃信頼していたパートナーの不倫、愛する子どもの奪い合い、今後の生活に対する不安、職場や周囲等の冷ややかな反応等によって、離婚問題に直面した方は、人生最大の苦しみを感じていらっしゃると思います。

そのような状況の中で、最初に私達が実施すべきことは、クライアントに「寄り添うこと」だと考えています。

弁護士は、法律の専門家ですので、法律上の助言をするのは当然です。

例えば、不倫の慰謝料、財産分与の適切な金額、養育費の相場、調停の手続きなどについて、専門家として助言することは大切な業務です。

しかし、それだけでは、クライアントの「苦しみ」を拭い去ることはできません。

私たちは、法律上の助言だけではなく、まずはクライアントの心の声に耳を傾け、共感することが信頼関係を構築するために大切だと考えています。 [続きを読む]

デイライト法律事務所が選ばれる5つの理由

お客様の声

ご依頼された方95.1%以上から「満足」の声をいただきました!

①とてもよい:75.3%、②よい:21.4%、③その他:3.3%(2017年12月~2018年11月全事件を対象に集計しております。)[詳しくはこちら]

解決事例

解決事例
離婚を拒否するモラハラ夫と半年で離婚できた妻Jさんの事例

Jさんは、夫婦喧嘩の際に、夫から自らの価値を否定されるような暴言を浴びせられたことをきっかけに、離婚を決意しました。[続きを読む]

MORE

解決事例
再婚を隠していた元妻への養育費免除を成功させた夫Sさん

Sさんは養育費が支払えない月があり、元妻から給与の差押命令が届きました。差押命令の当事者目録に、元妻の姓は旧姓ではなく、他の姓が記されていました。[続きを読む]

MORE

解決事例
うつ病の相手と離婚できる?【弁護士が事例で徹底解説】

Mさんは、10年前に妻と入籍しました。ところが、結婚生活を開始してしばらくして妻がうつ病になり、体調が悪化していきました。[続きを読む]

MORE

解決事例
10年以上前の不貞慰謝料を取り、財産分与も得て離婚した事例

Xさんのお子さんが10歳の頃、夫Yさんの浮気が発覚しました。お子さんが小さかったため、その後10年以上我慢を続けてきました。[続きを読む]

MORE

解決事例
単身赴任で離婚できる?弁護士の交渉で離婚が成立した事例

Sさんは、妻と夫婦仲が悪く、子どもはできませんでした。結婚生活も形骸化しており、転勤のため単身赴任をすることにしました。[続きを読む]

MORE
解決事例一覧はこちら

事務所紹介

新着情報

お気軽にご相談ください

WEB予約はこちら