よくあるご質問


依頼した場合の弁護士の料金はどの程度になりますか?

離婚問題の弁護士料金についての一般的な説明は、こちらのページにご紹介しています。

当事務所は、弁護士費用の明確化を行動指針の一つとしています。

ここでは、具体的なケースをもとに、どの程度の費用がかかるかについて、解説いたします。

※消費税は別途必要となります。また、一例であり、個々の状況によって増減することがあります。
具体的な金額については事務所で弁護士が見積書をお示ししますのでお気軽にご相談ください。

 

例1 妻Aさん:代理交渉を依頼(離婚の成立のみ)

依頼者:妻 相手方:夫
女性 男性
代理交渉
得られた結果 離婚の成立

 

電卓弁護士費用

着手金:20万円
報酬金:20万円

 

例2 妻Bさん:代理交渉を依頼(離婚の成立、養育費・財産分与の増額)

依頼者:妻 相手方:夫
女性 男性
代理交渉
得られた結果 離婚の成立
養育費 月額7万円
財産分与 100万円
年金分割 50%

 

電卓弁護士費用

着手金:20万円
報酬金:46万8000円

【報酬金内訳】
・離婚:20万円
・養育費:7万円×24か月×10%=16万8000円
・財産分与:100万円×10%=10万円

 

例3 妻Cさん:代理交渉後、調停サポートを依頼(離婚の成立、養育費・財産分与の増額)

依頼者:妻 相手方:夫
女性 男性
代理交渉から調停移行
得られた結果 離婚の成立
養育費 月額5万円
財産分与 200万円
年金分割 50%

 

電卓弁護士費用

着手金:20万円+20万円
報酬金:72万円

【着手金内訳】
※離婚調停移行時に追加着手金として(+20万円)

【報酬金内訳】
・離婚:20万円
・養育費:5万円×24か月×10%=12万円
・財産分与:200万円×15%=30万円

 

例4 夫Cさん:代理交渉を依頼(離婚の成立、慰謝料の減額)

依頼者:夫 相手方:妻
男性 女性
代理交渉
得られた結果 離婚の成立
慰謝料の減額100万円

 

電卓弁護士費用

着手金:30万円
報酬金:30万円

【報酬金内訳】
・離婚:20万円
・慰謝料の減額:100万円×10%=10万円

 

例5 夫Dさん:代理交渉後、調停サポートを依頼(離婚の成立、養育費・財産分与の減額)

依頼者:夫 相手方:妻
男性 女性
代理交渉から調停移行
得られた結果 離婚の成立
養育費の減額月額1万円
財産分与の減額200万円

 

電卓弁護士費用

着手金:30万円+30万円
報酬金:72万円

【着手金内訳】
※離婚調停移行時に追加着手金として(+30万円)

【報酬金内訳】
・離婚:30万円
・養育費の減額:1万円×24か月×10%=2万4000円
・財産分与の減額:200万円×15%=30万円