なぜ離婚問題は弁護士に相談すべき?弁護士選びが重要な理由とは?


 

このような疑問をもたれる方は多いのではないでしょうか?

福岡で離婚・男女トラブルを抱えた方は、以下を参考に、弁護士選びをご検討されてください。

 

離婚の相談を弁護士にするメリット

弁護士一般に、離婚の相談を弁護士にするメリットとしては、以下のものがあげられます。

離婚にかかわる法律知識の助言

離婚問題では、様々な法律上の問題点があります。

女性例えば、当該事案において①離婚が認められるのか、という入り口の問題です。

また、離婚自体には問題がないとしても、お子さんに関する問題として

②親権者はどうなるのか③養育費はいくらくらいか④面会交流はどうなるのか、という点を考えなければなりません。

さらに、お金に関する問題として、⑤財産分与はどうするのか⑥慰謝料は発生するのか⑦年金分割はどうなるのか⑧婚姻費用(離婚が成立するまでの生活費)はいくらくらいか、という点も検討すべきです。

このような問題点(当事務所ではこれを「8つのポイント」と呼んでいます。)について、弁護士は法律の専門家として助言することが可能です。

 

調停から裁判まで幅広く対応できる

裁判弁護士は、離婚の相談だけではなく、離婚調停、離婚裁判、強制執行手続など、あらゆる問題に対応することができます。

したがって、弁護士に相談すれば、離婚の条件だけでなく、調停手続や裁判になった場合の見通しなどほとんどの疑問が解消できます。

 

 

離婚の相談は弁護士が一番

ポイント解説士業には、弁護士の他に、行政書士、司法書士、税理士なども存在します。

また、士業以外にも、離婚カウンセラーや離婚サポートセンターなどを名乗る無資格者が離婚の法律相談を受けているケースも散見されます。

結論として、離婚に関してお悩みの方は、弁護士へ相談されることを強くお勧めします。

なぜならば、そもそも、法律上、離婚の法律相談が可能なのは弁護士に限られているからです。

弁護士以外の者が離婚の法律相談等に対応すると、非弁行為といって弁護士法違反となります。

法律が弁護士以外の者の法律事務を禁止しているのは、相談者に間違った助言をしてしまったり、詐欺的な行為が横行するおそれがあるからです。

資格によっての対応範囲の違いについては下表をごらんください。

弁護士 行政書士 司法書士 税理士 無資格者
離婚の法律相談 × × × ×
離婚協議書作成 × 注1 × 注1 × ×
相手方との交渉代理 × △ 注2 × ×
離婚調停 × × × ×
家事審判 × × × ×
離婚裁判 × × × ×
養育費の差押手続(強制執行) × × × ×
財産分与の不動産登記 × × ×

 

注1:離婚協議書について、どのような内容の離婚協議書にするか等の個別具体的な相談については、弁護士以外はできません。

注2:司法書士の中で、法務大臣の認定を受けることができた場合、例外的に140万円以下の金銭請求ができます。離婚では、慰謝料請求において、認定司法書士が代理人となれる可能性があります。しかし、通常、慰謝料の請求金額が140万円を以下となることは少ないため、相談はおすすめできません。

弁護士上表のとおり、弁護士以外の者は、離婚問題にはほとんど関与することはできません。

法律の専門家である弁護士は、離婚の法律相談はもちろん、離婚協議書の作成、相手方との交渉、調停や訴訟対応などのすべての問題に対応できるスペシャリストです。

つまり、あなたが本当に幸せになるためのアドバイスをしてくれるのは、弁護士だけなのです。

 

 

当事務所の離婚弁護士に相談するメリット

デイライト法律事務所ロゴ離婚の問題は弁護士に相談すべきとして、次に、どの弁護士に相談すべきかが重要となります。

そこで、当事務所の離婚弁護士の特徴についてご説明します。

 

①専門特化による高い専門性とノウハウを有する

離婚問題では、離婚を専門とする弁護士にサポートを依頼することが一番重要です。

しかし、弁護士の中で、離婚問題を専門的に取り扱っている弁護士は極めて少数です。

すなわち、日本では、1人の弁護士が幅広く様々な分野に対応するという場合がほとんどです。

保険や銀行我々は、弁護士は注力分野を限定すべきであると確信しています。

なぜならば、法律問題を解決するためには、高度な知識と豊富な経験が必要であり、幅広くなんでも対応するというスタンスでは決して、決して専門知識や経験を身につけることはできないからです。

そこで、当事務所は弁護士の注力分野を1〜2に限定しています。

弁護士竹下龍之介離婚を取り扱う弁護士は離婚事件の専門チームに所属し、取扱事件を離婚分野に限定することで、専門性を高めています。

その結果、当事務所は、離婚事件において、年間の離婚相談件数が500件を超えております。

これは一つの法律事務所において、全国トップレベルの実績であると自負しています。

 

②真の問題解決によって高い顧客満足を獲得

弁護士小野佳奈子当事務所の離婚弁護士は、依頼者から、質問されたことに対して回答するだけでは、プロフェッショナルではないと考えています。

女性例えば、お子さんがいる妻側の離婚相談で「養育費はいくらになりますか」という質問があったとします。

これに対して、養育費の見込額をお答えするのは当然です。

しかし、妻の質問の背景としては、今後の生活に対する不安があります。

養育費の額は、表面上の問題にすぎません。

離婚後の生活に対する不安を解消するためには、離婚後に想定される支出(教育費、住居費等)についての助言が必要です。

弁護士また、収入関しても、養育費だけではありません。

他に、児童手当の額、児童扶養手当(昔でいう母子手当のこと)、就学援助の額なども重要な収入に関する情報です。

このような生活設計の助言を行うために、当事務所の離婚弁護士は、全員がファイナンシャル・プランナーの資格を取得しています。

弁護士宮崎晃また、離婚後の生活に対する不安を解消するために、具体的な事案において、何を獲得目標として、そのためにどのような戦略を持ち、どのように処理していくのか、ご提案しています。

依頼者自身が気づいていない潜在的なニーズを捉えて真の問題解決に導く

このような価値を提供できてこそ、プロフェッショナルだと考えています。

私達のこのような従来の法律事務所にはない革新的な取り組みは、相談者や外部の機関からも高く評価していただいています(※)。

※顧客満足度は94.4%(法律相談時の満足度は100パーセント)を達成しています。

また、外部の研究機関からは、他の法律事務所の手本となる革新的な取り組みを実施している法律事務所に授与される、「The Leading Firm 離婚部門」という賞を授与されております。

 

 

良い離婚弁護士を選ぶコツ

弁護士離婚相談は、上記で紹介したとおり、離婚を専門とする弁護士へ相談することが1番重要です。

ここでは、良い弁護士を選ぶコツについてご紹介します。

 

良い弁護士の見極め方

良い弁護士を見極めることは簡単です。それは、実際に法律相談を受けてみることです。

当事務所は、法律相談のレベルは次の4段階であると考えております。

第1段階 相談者の話にしっかりと耳を傾ける

第2段階 論点(問題点)について、適切な見解(見通し)を伝える

第3段階 相談者が望む結果を得られるような戦略を提示する

第4段階 真の問題解決に導く

弁護士本村安宏画像通常の法律相談は、せいぜい第2段階のレベルだと思います。

これは、まず事情を聴取し、専門家として質問に答えるというレベルです。

本来、「法律相談」とはこのようなものかもしれません。

しかし、当事務所の弁護士は、専門特化やソリューションを行動指針としています。

 

当事務所の行動指針

これにより、第4段階までの助言をも可能としております。

このレベルの違いは、実際に相談を受けていただくことで明らかになると思います。

当事務所の離婚相談は、有料(30分5000円・消費税別)ですが、これは離婚分野においては他の法律事務所には負けない絶対的な自信があるからです。

そのため、当事務所には、福岡以外の他県(九州はもちろん全国)からも離婚相談に訪れる方が多くいらっしゃいます。

離婚問題にお悩みの方は、ぜひ一度、当事務所の法律相談をお試しください。

 

 

もしも弁護士と相性が合わなければ

もしも今お付き合いしている弁護士と相性が合わなければ、弁護士を変える決断も必要でしょう。

話し合い弁護士が業務を処理していく上で、依頼者との信頼関係が必要です。

また、依頼者の方にしても、自分の一生を左右する問題を任せるのですから、不信感があれば、率直に伝えるべきです。

当事務所には、現に依頼されている状況で、まずはセカンド・オピニオンとして相談に来られる方も多くいらっしゃいます。

ポイント解説そして、弁護士を代えた結果、これまで成立しなかった離婚交渉が成功したり、訴訟の途中で弁護士を代えた結果、解決金が2倍となったり、1審で敗訴した事案を2審で逆転させたり、解決まで長期間を要していた案件がスピード解決する、等により、満足していただいたケースも多くあります。

当事務所の解決事例についてはこちらからどうぞ。

もしも、今お願いされている弁護士に不満があれば、一度ご相談に来られてください。

 

 

弁護士の探し方

スマホ普段の生活ではなかなか弁護士と接点を持つ機会が少ないため、いざ弁護士を探そうにもどうしたらいいのかわからないという方は少なくありません。

そういった場合は、以下のような方法で弁護士を探すことができます。

◎ インターネットで検索

◎ 知り合いの紹介

◎ 弁護士会

パソコンとスマホ上記のうち、おすすめはインターネットで検索する方法です。

それは、離婚を専門としているか否かは、その弁護士のホームページを見ればわかるからです。

また、離婚に注力した弁護士のホームページであれば、その弁護士の離婚問題に関するスタンスや強みもわかると思います。

なお、インターネットで探す場合は、「専門家もどき」に注意されてください。

◯◯専門など表記されていても、実際には他の分野も幅広く取り扱っている弁護士がいます。

本当に専門性が高いか見極めるためには、事務所のホームページだけではなく、弁護士紹介のページもごらんください。

その弁護士のページに専門分野や注力分野に「離婚」と記載されていれば、専門家もどきではないと考えてよいでしょう。

男性知り合いや弁護士会からの紹介の場合、相談者の方が弁護士を選べないというデメリットがあります。

離婚分野に特化している弁護士は、極めて少数です。

したがって、紹介等でそのような弁護士に相談できる可能性はほとんどないと思われます。

 

もっとも、お住まいの都道府県に、離婚専門の弁護士がいない場合も多いと思われます。

当事務所は、福岡以外の他県の案件にも対応しております。

日本実際に、九州だけではなく、関東や関西からもご依頼を受けております。

他県にお住まいの方や、その他の事情でご来所することができない方に対しては、テレビ電話や電話による離婚相談(事前の予約制となります。)を行っておりますので、離婚問題に悩む方は、お気軽にお電話ください。

ご相談の流れについてはこちらからどうぞ

弁護士皆さまの問題解決は、福岡屈指の弁護士である私たちにお任せください。

デイライト法律事務所の強み

586889a498bcbc7498e70bd83bf7d114_s

浮気されてしまった…
今後の生活に不安が…
子供と一緒にずっといたい…
離婚をまだ相手に切り出せていない…
突然離婚したいと言われてしまった…
突然裁判所から呼び出しが…
離婚して人生をやり直したい…

上記のことで少しでもお悩みになっていたら、当事務所へご相談ください。

当事務所は、日本ではめずらしい専門特化型の法律事務所です。

ここ博多オフィスでは、設立以来、一貫して離婚問題を最優先の案件としており、すべての弁護士が離婚問題のエキスパートとなるべく日々研鑽しております。

離婚問題に注力することで、年間の離婚相談件数は500件を超えております(2013年調べ)。

一つの法律事務所において、離婚問題のみの法律相談件数としては、トップクラスの実績であると自負しております。

ご相談者の方の離婚問題解決のために、圧倒的な解決実績を誇る弁護士が専門的なアドバイスをさせていただきます。

弁護士紹介はこちらからどうぞ。

キャリアカウンセラー鵜池奈緒イラストまた、離婚問題に悩まれる方々は人生最大と言っていいほどの「苦しみ」に直面されています。

そこで、当事務所では、離婚問題に精通するだけでなく、ご相談者の方の「苦しみ」を「幸福」に変えることをスタンスとして、法律問題以外の様々なサービスを提供しております。

離婚問題にお悩みの方は、ぜひ一度、当事務所の法律相談をお試しください。

実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。

 
ご相談についてはこちらから



 

 

離婚相談を考えた方が押さえておくべきポイント!

無料相談会
なぜ弁護士?