アスペルガーを持つ相手と離婚したい

アスペルガー症候群の相手との離婚

メールをする女性のイメージ画像アスペルガー症候群の人は、成長する過程で、失敗したりいじめられたりした経験により、後天的に人と上手に付き合う術を身に着けた人もいます。

したがって、交際中は、相手に対し、優しく正直な人というイメージをもつことはあっても、アスペルガー症候群であると気づかないことは珍しくないのです。

結婚して初めて、相手がアスペルガー症候群なのではないかと考え始めた人も多いと思います。

ですから、あなたが相手に対して抱えている悩みを、相手のことをよく知らない人に相談しても、なかなか共感してもらえないかもしれません。

離婚あなたが女性である場合、友人に相談すると、「男なんてそんなものだよ」と返され、自分だけが相手に不信感を抱いているのかと悩まれているかもしれません。

あなたが男性の場合であっても、周囲の人から「もう少し我慢しろ」などと言われて、悩まれているかもしれません。

また、周囲の人が、結婚相手がアスペルガー症候群であることを知っていたとしても、わざとやっているわけではないのだからあなたが受け入れるべきだと言われてしまうこともあるかもしれません。

弁護士宮崎晃もちろん、一度は将来をともに歩みたいと思った相手なのですから、お互いが歩み寄ることにより、穏やかな夫婦生活を取り戻すことができればそれが一番でしょう。

しかし、それがやはり難しいとお考えの場合、精神的に追い詰められてしまう前に、できるだけ早く、離婚の専門家にご相談ください。

弁護士などの第三者を入れることで、相手との離婚の話が進む可能性は十分にあります。

また、もし離婚の話し合いがまとまらず、最終的に訴訟になったとしても、アスペルガー症候群であることのみをもって離婚の原因とすることは難しいかもしれませんが、一つ一つのエピソードや他の事情も考慮することにより、法律上の離婚原因である「その他婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)の要件をみたす可能性もあります。

なお、当事務所の弁護士は、アスペルガーの知識に精通しておりますので、安心してご相談ください。

アスペルガーの相手の場合の問題と対策

相手方がアスペルガーの場合、離婚において、以下の問題点が見受けられる傾向です。

①深刻さに気づかない

母子相手方がアスペルガーであるか否かの判断は難しく、長年月に渡って単に「性格の問題」として捉えてしまう傾向があります。

アスペルガーの特徴について、くわしくはこちらをごらんください。

そのため、状況の深刻さに気づかず、アスペルガーの相手との生活をずっと我慢して続けていることがあります。

このような生活が長年月に渡って続くと、疲弊し、精神的にまいってしまう可能性も否定できません。

そのため、「変だな」と感じる場合は、なるべく早く精神科医などにご相談されることをお勧めします。

②協議が難しい傾向

家出離婚を決意して相手方に伝えても、相手方がアスペルガーの場合、気持ちをまったく理解してくれない可能性があります。

また、コミュニケーションが通常の場合よりも難しいため、離婚条件についての交渉が難航する可能性があります。

相手方が離婚に応じてくれない場合、協議で時間をかけるよりも、離婚調停を申立てる方が場合によっては早く解決できるかもしれません。

離婚成立までの期間が相当期間に及ぶ場合は、早めに別居して、婚姻費用の請求を行うことも検討して良いでしょう。

なお、別居について、相手方の同意は不要です。

別居について、くわしくはこちらをごらんください。

 

アスペルガーとADHD(注意欠陥・多動性障害)についてさらに詳しく!


なぜ弁護士?