離婚コラム㉝ 枕営業は不法行為か?~東京地判平成26年4月14日~

弁護士竹下龍之介クラブのママやホステスが枕営業として長期間にわたり顧客と性交渉を繰り返した行為は当該顧客の妻との関係で不法行為を構成するかについて、はじめて裁判所が判断した事案について、この問題に詳しい当事務所の弁護士がご紹介いたします。

 

事案の概要

ベッド

クラブのママが、優良顧客であった男性(既婚者)と7年余にわたり、継続的な性交渉をしたこと及び、その関係発覚後のママの対応によって甚大な精神的苦痛を被ったとして、その男性の妻が、慰謝料を求めたという事案です。

婚姻関係にある夫婦の一方が、第三者と性交渉をもった場合、不法行為が成立し、慰謝料が発生します。

この慰謝料は、当該性交渉をもった一方の配偶者と第三者の共同不法行為として、2人で責任を負うことになるのが原則です。

枕営業とは

クラブのママ枕営業とは、一般的には、飲み屋の女性が顧客を繋ぎ止めるために、体の関係をもつ営業手法のことをいいます。

本件で、クラブのママが、優良顧客であった男性と継続的に性交渉をもったというのは、一般的には、典型的な枕営業に該当すると思われますので、枕営業という言葉を使わせていただきます。

裁判においては、クラブのママは、不貞行為自体を否認し、争いましたが、裁判所は、仮に不貞行為があったとしてもクラブのママは損害賠償責任を負わないという判断を示し、その理由として、枕営業と風俗は同様であり、それをもって、婚姻共同生活の平和を害するものではないことをあげています。

この判断によると、ママやホステスが既婚の男性客と性交渉(いわゆる枕営業)を行ったとしても、その既婚男性の妻との関係で不法行為を構成しないことになります。

 

裁判所の判断

裁判官この点、従来の裁判実務では、最高裁が昭和54年3月30日判決において、
「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意又は過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務があるというべきである。」
と判示して以降、性交渉が愛情をもってなされたか、単なる遊びであったかにかかわらず、当該関係が不法行為にあたることは認めたうえで遊びであった場合には慰謝料を低額にするという扱いをしてきました。

本件の東京地裁の判断は、この従来の裁判実務の扱いと異なるものであり、今後の実務の動きが注目されます。

 

 

まとめ

弁護士竹下龍之介私見では、枕営業を行ったクラブのママは、妻との関係で不法行為にならないとしても、クラブのママと性交渉を行った夫は、妻との関係ではなお不法行為責任を負う(したがって慰謝料を支払わなければならない)という判断がなされる可能性は高いと思います。

当該裁判例があるからといって、枕営業でクラブの女性と性交渉をもった夫に対して、慰謝料請求はできないと考えて諦めるのは、早計ではないでしょうか。

 

 


この記事を書いた人

弁護士 竹下龍之介

弁護士コラム一覧


なぜ弁護士?