私の親戚や友人からのご祝儀を、結婚式の資金に充てました。離婚の際、返してもらえる?

財産分与についてよくある相談Q&A

 

夫婦喧嘩私はいま妻との離婚を考えています。

二人で折半する預貯金はそれほどないのですが、私が親戚や友人からいただいたご祝儀を結婚式の資金に充てたので、その分は返してもらうべきだと考えています。

しかし、妻はそれを認めません。私の言い分は通りますよね?

 

 

 

 

この質問について、弁護士がお答えします。

 

ご祝儀と財産分与

ご祝儀ご祝儀としてもらった金銭をどのように清算するのかは、財産分与の問題です。

財産分与とは、結婚してから別居するまでに夫婦で築いた財産を折半するものです。財産分与について、詳しくはこちら。

ご祝儀は、結婚する夫婦に送られるものであり、夫婦の生活に充てられるものです。

したがって、ご祝儀は夫婦の共有財産となります。

つまり、夫がもらったご祝儀は特有財産ではない以上、妻に対して返還を求めることはできません(逆に言えば、妻がもらったご祝儀が残っているような場合は、財産分与に含めることができます。)。

もっとも、婚姻共同生活を行っていく間に、このご祝儀が費消されることも多いと思いますので、それほど大きく影響するケースは少ないものと思われます。

 

 

ご祝儀をもらったのが入籍の前だったら?

財産分与が、「結婚してから」形成した財産を折半することとの関係で、ご祝儀をもらう時点では婚姻届を提出していない夫婦もいるかと思います。そのようなケースでは、形式的には、ご祝儀は財産分与の対象にはならないようにもみえます。

しかし、独身時代から形成した特有財産を、夫婦の共同生活で消費することはよくあることです。

裁判所そして、裁判所としては、このような行為自体が「財産の特有性を放棄した」と評価します。

したがって、このような観点から見て、ご祝儀が財産分与の対象からはずれると考えるのは難しいものと思われます。

 

 

当事務所の弁護士にご相談ください。

弁護士バッジ財産分与でお悩みの方は、財産分与に詳しい弁護士への相談をおすすめします。

まずはお気軽に当事務所の弁護士までご相談ください。

 

 


財産分与についてよくある相談Q&A

「財産分与」についてよくある相談Q&A