妻の手紙を見てしまい、結婚前の浮気が判明。妻を信じることができません。結婚前の浮気を理由に離婚することはできますか?

離婚についてよくある相談Q&A

 

手紙先日、妻の机にあった昔の手紙をこっそり見てしまったのですが、それによると、結婚前に浮気をしていたことがわかりました。

結婚はしていない時期だったとはいえ、交際期間中だったのですから、浮気は浮気です。正直、妻を信じることができません。

結婚前の浮気を理由に離婚することはできますか?

 

 

 

 

この質問について、弁護士がお答えします。

 

「配偶者に不貞な行為があったとき」

民法770条1項には法律上の離婚事由が定められており、不貞行為についてはその第1号に規定されています。

ここで、「配偶者」とは当然、婚姻関係にある者同士のことをいうので、結婚前の浮気は法律上の離婚原因たる不貞行為にはあたりません。

 

 

離婚はできないのか

離婚届と印鑑結婚前の浮気が不貞行為にあたらないとはいえ、浮気の事実を知ったことにより、夫婦の信頼関係は崩れてしまうものと思います。

まずは、結婚前の浮気について打ち明け、話合いにより信頼関係の回復を図ることができるか、確認してみるのが重要といえます。

しかし、相手が浮気についてまったく認めない場合は、婚姻関係は破綻していくものという他ありません。このような場合、もはや共同生活を送ることは難しいので、「婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条5号)に該当してくる可能性があります。

前述のように、結婚前の浮気を不貞行為として離婚原因とすることは難しいですが、婚姻を継続し難い重大な事由として、離婚を考えていくこととなります。

 

 

手紙を見た行為について問題はないのか

手紙浮気や不貞が発覚するきっかけとなるのは、今回の相談者のような手紙を始め、日記、携帯電話など様々ですが、基本的には他者が勝手に見ることは控えるべきといえます。

そのようなものを見たからといって直ちに損害賠償の責任を負うというものではありませんが、見た相手が不快な気持になることは明らかなので、話合いをするなかで謝る姿勢は持っておくべきです。

 

 

当事務所の弁護士にご相談ください。

離婚を考えている方にとって、離婚に伴いどのような問題があるのか、そもそも離婚ができるのか、悩みは多いと思います。

離婚でお悩みの方は、離婚に詳しい弁護士への相談をおすすめします。

まずはお気軽に当事務所の弁護士までご相談ください。

離婚が成立する条件についてはこちらをご覧ください。

 

 


離婚についてよくある相談Q&A

「離婚」についてよくある相談Q&A