夫と離婚を考えています。結納金でそろえた家具・家財は置いていけと言われていますが、従わなければならないのですか?

財産分与についてよくある相談Q&A

 

私はいま夫との離婚を考えています。

結婚する際、結納金として 200万円を受け取っており、それを使って家具・家財をそろえていました。

家財道具しかし、夫は、家具・家財はすべて置いていけといって聞きません。

私としては、結納金は自分のものだから、家具等だって私のものだと思っています。

夫の言い分に従わなければならないのでようか?

 

 

 

 

当事務所の弁護士がお答えいたします。

 

結納金とは

婚約結納金とは、婚約のしるしとして取り交わすものであり、一般的には男性の家から女性の家へ送られる金銭です。

かつては男性の親が用意することが多かったようですが、現在では男性本人が用意するケースも増えています。

 

 

離婚する際に、結納金分の返還を求めることはできるのか

お金これは離婚に伴う財産分与の問題です。

財産分与とは、結婚してから別居するまでの期間に夫婦が築いた財産を折半するというものです。詳しくはこちら、財産分与をどうするかをご覧ください。

結納金は、婚約のしるしとして渡されるため、結婚以前の形成財産となります。そのため、理論的に言えば、結納金は妻の特有財産であり、財産分与の対象外となるため、離婚時に相手に返さなければならないものではありません。

しかし、注意が必要です。

それは、収められた結納金を使って家具・家財を購入した場合です。

その購入品は結婚後の夫婦の生活に利用されるものです。そのため、家具・家財はその時点で夫婦の共有財産となっているのです。

そして、家具・家財が共有財産となっている以上、結納金相当額の返還を求めることは難しいといえます。

これに対し、もともと特有財産だった結納金が家具等に形を変えただけであり、金銭であるか物であるかは関係ないのではないか、という考え方もあります。

しかし、結婚した夫婦が、結婚後の生活(=夫婦の共同生活)のために、独身時代から貯めてきた貯金を切り崩すということはよく行われることです。そして、この「夫婦の共同生活のために用いた」という事実から、裁判所は「財産の特有性を放棄し、共同生活に投じたものとみる」と評価します。

したがって、結納金を使って家具・家財を購入した場合は、全額を取り戻すことはできません。

 

 

残る問題は、分与の方法

家財道具結納金が家具等に変わっていたとしても、共有財産である以上、その価値の半分は妻側が取得する権利を有しています。

しかし、別居時点での家具等の価値がどれほどのものか、おそらく高価値は望めません。また、家具そのものを半分に割ることはできません。

そのため、離婚をする際は、どのような家具・家財があるのかを整理し、そのうち最低限どれが欲しいのかを特定しておくことが重要です。そのうえで相手方と協議し、それでも相手が応じない場合は、価値の半分相当額の金銭の支払いを求めることになります。

離婚に伴う財産分与、特に容易には分けられない家具等については、もめやすい事情のひとつです。財産分与でお悩みの方は、この問題に詳しい当事務所の弁護士にご相談ください。

 

 


財産分与についてよくある相談Q&A

「財産分与」についてよくある相談Q&A