面会交流の際に、相手が毎回高価な物を買い与えています。こんなことが続くのであれば面会交流を中止したいのですが。

面会交流についてよくある相談Q&A

プレゼント面会交流の際に、相手が毎回高価な物を買い与えています。

こんなことが続くのであれば面会交流を中止したいのですが。

 

 

 

事例

私は数年前に元夫と離婚し、子ども(現在7歳)は私が引き取りました。

現在、定期的に面会交流を実施しているのですが、元夫が私に事前の相談なく毎回高価な物(時計や自転車など)を買い与えています。

自転車と子供私は普段の子育ての中で、物を大切にすることを教えるために、あえて物をそんなには買い与えていません。

それが将来、子どもにとってよい成長に繋がっていくと信じているからです。

しかし、元夫が毎回高価な物を買い与えることで、私のこうした努力が水の泡になっています。

誕生日やクリスマスといった特別な場面ならともかく、毎回の面会交流でこんなことが続くのであれば、むしろ子どものために面会交流を中止したいのですが。

 

 

弁護士森内公彦この問題について、当事務所の弁護士が回答いたします。

上記事例について、面会交流を中止するという行動には慎重になるべきと考えます。

喜ぶ子供たしかに、元夫が毎回の面会交流において高価な物を与えていることは不適切な行動と言われてもやむを得ません。

まだ幼い子どもの場合、何でも買ってもらえると考えてしまうことで健全な成長が阻害されることもあります。
※家庭裁判所から出されている「面会交流のしおり」にも、「高価な贈り物や行き過ぎたサービスはやめましょう。」と記載されています。

しかし、そうであっても即面会交流を中止するという行動はとるべきではありません。

まずは、相手方と話し合った上でこのような行動を控えてもらうよう努力すべきです。

面会交流は何よりも子どもの利益のために実施されるものですが、突然実施しなくなることによる子どもへの不利益を十分に考慮すべきだからです。

とはいえ、全く話し合いにならなかったり、話し合いをしても何も解決しないケースもあるかと思います。

そのような場合は、適切な形での面会交流実施のために、専門家の助力を得ることが必要です。

六法と弁護士バッジ例えば、まずは面会交流に詳しい弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士に相談することで、今後執りうる方策やその順序・進め方等がクリアになることが期待できます。

面会交流の実施の過程では、お互いの言い分が平行線になって対立してしまうことが多くなる傾向にあります。

お悩みの方は、是非ご相談ください。

 

 


面会交流についてよくある相談Q&A

「面会交流」についてよくある相談Q&A