夫に隠し子?事実関係を調査したいのですが・・・

離婚についてよくある相談Q&A

困る女性のイメージイラスト家の中を掃除していると、夫の部屋から見知らぬ子どもが写っている写真が何枚も出てきました。

それ以来、夫には隠し子がいるのかもしれないと不安になっています。

夫に隠し子がいるかどうかを調べるにはどうしたらよいですか?

弁護士の回答

隠し子とは?

一般に、「隠し子」とは、何らかの事情によってその存在が世間に明らかにされていない子供のことを指します。

夫婦が婚姻中に、夫が婚姻外でもうけた子供は、その存在が世間に明らかにされないことが多いため、隠し子の代表的な存在といえるでしょう。

スマホ当事務所にご相談にいらっしゃる方の中には、夫に隠し子がいるのではないかと疑いを持っても、その調査方法がわからないため、長年にわたって調べないままにしていたという方がいらっしゃいます。

しかし、「もし夫に隠し子がいたら、夫とは離婚しよう。」と考えている場合もそうでない場合も、夫に隠し子がいるかどうかは、女性にとって、今後の夫婦関係を考える上で極めて重要な事柄です。

そこで、夫に隠し子がいるのではないかとの疑いを抱いた時には、隠し子の有無を調査することをお勧めします。

 

 

隠し子の調査方法

隠し子の有無を調査する方法として、主に以下の2つが考えられます。

戸籍を調べる

チェック表まず、隠し子の有無を調べる代表的な手段は、夫の戸籍を調べるというものです。

夫が隠し子を認知していた場合、夫の戸籍には子供を認知した事実が記載されます。

もっとも、夫に隠し子がいる場合でも、夫が隠し子を認知していなければ、夫の戸籍を調べたとしても隠し子の存在は明らかになりません。

そのため、戸籍の調査をしても隠し子の存在が判明しないこともあります。

 

調査会社に依頼する

弁護士隠し子の有無を調べる方法には調査会社に依頼するという方法もあります。

調査会社に依頼した場合に判明する可能性があるのは、正確には、夫が関わりを持っている女性がいるか否か、そしてその女性に子供がいるか否かということです。

もし、夫がかかわりを持っている女性に子供がおり、その子供が生まれたばかりである等の事実があれば、その子供が夫の子である可能性が出てくるということになります。

もっとも、調査会社の調査が有効なのは、夫が現在進行形で隠し子やその母親と交流している場合に限られますので、夫の現在の言動から、調査会社による調査の必要性を判断することが重要です。

 

 

このように、隠し子の有無を調べる方法は複数存在しますが、手続きの簡易さや費用面を考慮すると、まずは戸籍を調べてみて、戸籍上認知の事実が記載されていない場合に、調査会社に依頼することをお勧めします。

 

 

戸籍の調査方法

戸籍を調査する際は、以下の点に注意しなければなりません。

戸籍を取得する範囲

チェックのイメージイラスト戸籍を調査するときは、夫の出生から現在までの全ての戸籍謄本を取得する必要があります。

なぜなら、認知の事実が記載されるのは認知当時の戸籍謄本のみであり、その後転籍などの理由で新たな戸籍が編製された場合、新たな戸籍の戸籍謄本には認知の事実が記載されることはないからです。

 

戸籍の読み方

弁護士夫の出生から現在までの全ての戸籍謄本を集めた後は、その戸籍謄本を読むことになりますが、戸籍の読み方には注意が必要です。

夫婦間に誕生した子供については、戸籍の中に子供の欄が設けられますが、認知した子供については、戸籍の中にその子供の欄が作られるわけではなく、父親の身分事項欄に「認知」の事実が記載されることになります。

そのため、一般の方が戸籍を調査した場合には、夫に隠し子がいるという事実を見落としてしまうことが少なくありませんので、戸籍の読み方にはご注意ください。

 

 

 

離婚後の戸籍の調査

離婚までは隠し子を認知しなかった夫が、離婚後に認知をするというケースは多くあります。

その場合でも、以下のように戸籍を調査することで、婚姻期間中に夫に隠し子がいたのかどうかを調べることが可能です。

自分の戸籍として取得

受付のイメージイラスト離婚後であっても、女性は、元夫の戸籍に記載されている自分の戸籍謄本を取得するという形で元夫の戸籍謄本を取得することが可能です。

もっとも、転籍などの理由で、元夫について新たに戸籍が編成された場合は、自分の戸籍謄本として新たな戸籍の戸籍謄本を取得することはできません。

 

子の親権者として取得

夫婦間に子供がいた場合、その子供は、父親である元夫の戸籍謄本を取得することが可能です。

子供が未成年者である場合であって、自らが子供の親権者となっていたときは、女性は、元夫の戸籍を子供の親権者として取得することが可能です。

 

 

 

弁護士のサポート

弁護士夫の戸籍謄本を取得する際は、出生から現在までの戸籍謄本を取得する必要がありますが、夫の本籍地が変わった場合などは、従前の本籍地へ戸籍謄本を請求する必要があります。

昔の戸籍謄本(改製原戸籍謄本といいます。)は、手書きで書かれており読みづらい上、記載事項が整理されているわけではありませんので、戸籍謄本を見ても従前の本籍地がわからないという方は少なくありません。

また、戸籍の読み方がわからないため、戸籍謄本を見ても認知の事実が記載されているかどうかわからないという方もいらっしゃいます。

弁護士小村良之当事務所には離婚事件チームがあり、隠し子の有無が問題となる事例を数多く取り扱っているため、戸籍謄本の取り方や読み方について的確にアドバイスさせていただくことが可能です。

夫に隠し子がいるのではないか、もし隠し子がいたらどうしようと不安になられている方は、当事務所へご相談ください。

ご相談はこちらからどうぞ。

 

 


離婚についてよくある相談Q&A

「離婚」についてよくある相談Q&A

なぜ弁護士?