妻がAV(アダルトビデオ)に出演していたことが判明。離婚できる?慰謝料は?

慰謝料について質問です 慰謝料について質問です

私の妻がAVに出演していたことが発覚しました。

そのことを妻に問いただすも、謝るどころか開き直って私を非難してきました。

そんな妻と私は離婚できるでしょうか。

また、慰謝料も請求したいのですが、請求できるのでしょうか。

弁護士竹下龍之介離婚事由にはなる可能性がありますが、慰謝料は難しいでしょう。

この点について、慰謝料の問題に詳しい当事務所の弁護士が解説いたします。

解説

婚姻後にAVに出演していた場合には、貞操義務違反として、離婚事由(民法770条1項1号の不貞行為)に該当すること及び離婚慰謝料が発生する点については、争いがありません。

問題は、婚姻前のAV出演歴を秘匿していた場合です。

この点については、東京地方裁判所平成24年1月25日の裁判例が参考になります。

この事案は、妻が婚姻前にAVに多数出演していたことを夫に秘匿したまま婚姻し、その後当該事実が発覚したため夫が損害賠償を請求したという事案です。

裁判所の判断の要旨は以下です。

裁判所の判断
婚姻後にAV男優との性行為を内容とするAV(アダルトビデオ)に出演することは、相手方の同意がない限り、貞操保持義務に違反する行為であり、そのような意思を有していながら、そのことを秘して婚姻したことは、婚姻後実際に出演したことと併せて、原告に対する不法行為に当たると認められる。
しかし、婚姻関係は、財産的取引とは異なり、相互の全人格的結びつきにより、現在から将来に向かって形成されるものであって、過去の出演歴は、その事実が将来に向かって婚姻関係を継続しがたい重大な事由にあたり、離婚事由になりるう場合があるとしても、婚姻前に告しなかったこと自体が不法行為にあたるとまでは認められない。

すなわち、本裁判例で、裁判所は、過去のAVの出演歴の単なる不告知は不法行為には該当しないと判断しています。

とはいえ、将来に向かっての離婚事由に該当する場合があるとしているため、過去のAVの出演歴の不告知が、結果的に、離婚事由(婚姻を継続しがたい重大な事由:民法770条1項5号)に該当する可能性については裁判所も肯定しているため注意が必要です。

なお、上記の裁判例でも触れていますが、婚姻後のAV出演の意思を有していながらそれを告知せずに結婚した場合には、不法行為にあたり、慰謝料が生じます。

「婚姻後のAV出演の意思を有していたこと」については、主観面なため立証が問題になります。

この点については、例えば、AV出演の契約書や撮影スケジュール表等から立証することになると思われます。

このように、妻が過去にAV出演していたことが発覚した場合には

  • 単なる過去のAV出演のケース
  • 結婚後も出演を予定していたケース
  • 結婚後に実際に出演していたケース

のそれぞれで、離婚事由にあたりうるか、慰謝料発生事由になるか、の結論が異なってきます。

養育費は、上記の中断措置を取らなければ、時効が進行し、支払ってもらえなくなる可能性が高くなっていきます。しかし、このような中断措置を知らない方が多いため注意が必要です。

 

離婚事由 慰謝料
過去のAV出演 ×
結婚後も出演予定 ◯(ただし立証に注意)
結婚後に実際に出演

 

 

より詳しくは、慰謝料の問題に詳しい弁護士にご相談ください。

 

 

 


慰謝料

「慰謝料」についてよくある相談Q&A

なぜ弁護士?