離婚後、元夫に健康保険証を渡した場合、新たに国民健康保険等に加入するまでの期間は無保険となるのですか?

手続きについてよくある相談Q&A

原則として無保険にはなりません。

弁護士竹下龍之介専業主婦など会社勤務の夫の扶養に入られていた方の場合は、離婚に伴い、元夫の健康保険から外れ、新たに国民健康保険に加入する手続を市区町村の役所で行う必要があります。

その手続は、具体的には、①あなたが保険証を元夫に返したうえで、②元夫が勤務先の会社で資格喪失証明書を取得したものをあなたが受け取り、③その資格喪失証明書を持って役所に行き、加入手続を行うという流れになります。

この場合、離婚後なので、元夫からの資格喪失証明書の授受は郵送等でなされるのが通常だと思いますが、そうなると、健康保険の資格喪失後、国民健康保険の加入する手続までの間にタイムラグが生じるので、自分が無保険状態になるのではないかと不安を持たれる方もいらっしゃるでしょう。

弁護士しかし、無保険状態にはなりませんので、ご安心ください。

確かに、資格喪失証明書の取得日と国民健康保険の加入手続を行う日との間にはタイムラグが生じますが、実務上は、資格喪失証明書の取得日に遡って、国民健康保険の加入日として扱うということになっています。

もっとも、資格喪失証明書が発行された日から国民健康保険の加入手続を行った日までの間に、急病などで病院で治療を受けた場合には、病院でのお支払いは、いったん、全額自己負担の際と同額を支払っておかなければならず、国民健康保険の加入手続後に、役所で還付の手続を行うことになります。

具体的には、医療費は3割が自己負担なので、還付の手続を行うことで7割分が戻ってくることになります。

以上をまとめますと、次の通りです。

たとえ、夫に保険証を返した場合でも、無保険状態にはなりません。

もっとも、タイムラグが大きくなると、その分、その期間に病院にかかる可能性が高くなってしまいます。

そうなると、いったんは全額自己負担と同額の治療費を支払い、その後、還付の手続をとるといった多少面倒なことになってしまいます。

できるだけ速やかに、国民健康保険加入の手続を行えるように、離婚前に夫に協力を求めておくと良いでしょう。

 

プロの離婚弁護士はここが違う!当事務所の離婚問題解決サポート

当事務所の離婚事件チームは、離婚にまつわる様々なお悩みを解決するために、以下のサポートを行っています。

 

専門弁護士による離婚相談

弁護士森内公彦相談風景画像離婚問題では、離婚に関わる様々な法的知識はもちろん、社会保険関係などの関連知識、交渉や家裁実務に対するノウハウ等必要となります。

ところが、福岡はもちろん、全国的にみても、離婚問題を専門とする弁護士は決して多くありません。

当事務所では、離婚問題に悩む方々を強力にサポートするために、すべての離婚相談について、離婚事件の専門チームに所属する弁護士がご対応しております。

離婚問題のプロフェッショナルがご相談者様の状況に照らして、離婚そのものについてのご相談はもちろん、社会保険等の行政上の問題についても、親身になってご対応しております。

当事務所の離婚弁護士は離婚相談に絶対的な自信を持っております。

正式にご依頼されてなくても、ご相談だけでも結構ですので、安心してご相談されてください。

 

生活設計へのアドバイス

費用離婚を考えたとき、家族構成だけでなく、これまでの経済環境が大きく変化するため、離婚後の生活に不安を感じる方が多くいらっしゃいます。

そこで、当事務所の離婚事件チームに所属する離婚弁護士は、全員がファイナンシャル・プランナーの資格も持っております。

ファイナンシャル・プランナーとは、クライアントのライフスタイルや経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険などクライアントに関するあらゆるデータを集めて、現状を分析します。

そして、クライアントのライフプラン上の目標を達成するため、クライアントの立場で考え、問題や不安を解決するために、総合的な視点で様々なアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助する専門家です。

説明当事務所の離婚弁護士は、今後の生活に不安を感じる方に対して、ファイナンシャル・プランナーの専門知識を駆使して、親身にアドバイスを行っております。

離婚分野に注力し、かつ、離婚問題を扱うすべての弁護士がファイナンシャル・プランナーの資格を取得している事務所は、日本全国でもほかには存在しないと自負しています。

 

代理交渉サポート

弁護士宮﨑晃画像離婚問題を弁護士に依頼する場合、「離婚調停」や「離婚裁判」をイメージされる方が多いかと思います。

しかし、家庭裁判所の手続は、解決するまでに長年月を要します。

多くの方は、長期間の紛争に心身ともに疲れ果てることとなります。

そのため、当事務所の離婚弁護士は、弁護士が依頼者の代理人となって交渉し、早期解決を目指す、「代理交渉」という手法をご提案しています。

家裁を通さず、話し合いによって解決するため、時間を大幅に短縮できる可能性があります。また、離婚専門で、かつ、交渉のプロである離婚弁護士が相手方を説得するので、適切な条件で円滑に解決できる可能性があります。

 

調停・訴訟サポート

裁判所代理交渉で解決できない場合、次善の策として、調停や訴訟のサポートも行っております。

依頼者に有利な証拠資料を提出したり、最新判例等に基づく説得的な主張を行うことで、適切な条件での解決を目指します。

離婚問題は、戦略を誤ると長期化したり、泥沼の争いとなってしまいます。

当事務所の離婚弁護士は、迅速に、適切な条件で円満に解決するためのサポートを提供しています。

離婚についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。

 
ご相談についてはこちらから

 
福岡県外にお住まいの方は電話相談が可能です

 


手続きについてよくある相談Q&A

「手続き」についてよくある相談Q&A


なぜ弁護士?