親権について争いとなっています。裁判ではどうなるのですか?

親権についてよくある相談Q&A

執筆者:弁護士宮崎晃

A) 調停や裁判においては、子どもが小さい場合、原則として、母親優先です。

裁判官しかし、それ以外にも、経済的能力、資産状況、子ども自身の意思などの諸事情も考慮されます。

最終的には、どちらを親権者とすることがその子どものためになるかという視点から判断されます。

親権についての裁判所の判断基準

日本では、現状として、共同親権が認められていません。

今後、改正される可能性はありますが、現段階では、離婚の際、未成年の子がいれば、いずれかの親を親権者として指定しなければなりません。

特に子どもが小さい場合、親権について争いとなることが多く、協議が調停段階でも解決しない場合、最終的裁判で親権者を決めることとなります。

親権者の判断基準については、法律に具体的な基準は明記されていません。

過去の裁判例を見ると、裁判所が親権者を決める際の判断基準として、以下のような要素を総合考慮して判断しているようです。

父母の事情

監護に対する意欲、子に対する愛情の程度
監護能力
健康状態
経済的な状況
居住・教育環境
親族や友人等の援助の可能性など

子どもの事情

年齢
性別
兄弟姉妹の関係
心身の発育状況
子ども本人の意向など

子どもの年齢が高い事案では、子どもが意向を尊重する傾向にあります。

特に、子どもが15歳以上の場合、子どもの意向を聞くことが法律上の義務となっています(家事手続法152条2項)。
裁判所に提出する陳述書については当事務所のホームページからダウンロードが可能です。
ダウンロードはこちらからどうぞ。

また、10歳以上になってくると、子どもの意向もある程度尊重される傾向にあります。

したがって、10歳程度の子どもが、明確に親権者の希望を言える場合、親権者はその希望どおりとなる可能性が高いと考えます。

ただ、子どもが幼い場合、多くの事案では、そこまではっきりとした希望がない場合が多い傾向です。
多くの事案では、子どもは父親、母親の両方が大好きであり、そのいずれかを選ぶことができないからです。

その場合、需要となるのは、これまでの監護実績です。

どちらが子どもの育児に献身的だったかで、親権者が決まるというのが実務上の感覚です。

具体例

食事を作っていたのはどちらか?
食事を食べさせていたのはどちらか?
健康管理をしていたのはどちらか?
風呂に入っていたのはどちらか?
一緒に就寝していたのはどちらか?
学校行事に参加していたのはどちらか?
学校まで送迎していたのはどちらか?

などを基に、主たる監護者がいずれであったかが認定される傾向です。

そして、主たる監護者だったと認定されると、他に特段の事情がない限り、親権者になる可能性が高いと思われます。

 

 

親権を取得する場合の問題点

親権を取得する場合、共通した傾向が見られます。

以下、親権を取得する場合の問題点について解説するのでご参考にされてください。

①監護実績の立証が難しい

上記のように、親権者の判断においては、これまでの監護実績が重要となります。

しかし、監護実績は、立証が簡単ではないという問題があります。

例えば、一方が「自分のほうが積極的に育児を行っていた。」と主張したとします。

相手方が認めてくれれば良いのですが、親権の争いの場面では、相手方も必死になるため、事実を曲げて主張することが往々にしてあります。

そして、相手方も「自分のほうが積極的だった。」と主張すると、裁判所はいずれの言い分が真実なのか、証拠によって認定しなければなりません。

ところが、「積極的に育児に関与していた」という立証は決して簡単ではないでしょう。

そのため、真実を認めてもらうことができずに、親権を取れないという可能性もあります。

②子どもの意向を伝えることが難しい

子どもが「お父さんと一緒に暮らしたい」と希望していても、それを裁判所に伝える方法が限られています。

上記のとおり、15歳以上であれば、子どもの意向を聞くことが法律上の義務となっておりますが、15歳未満の場合はそのような義務がありません。

そのため、子どもが一緒に生活することを希望していても、それを裁判所に伝えることが難しいという問題があります。

例えば、稀に、子どもに、家庭裁判所宛に陳述書を書いてもらい、それを証拠として提出する方を見受けます。

しかし、子どもの年齢が低い場合、子どもが板挟みになるので、止めるべきです。

また、裁判官は、そのような陳述書を証拠として重視しないと思われるからです。

親権についてお悩みの方は、こちらをぜひご覧ください。


親権についてよくある相談Q&A

「親権」についてよくある相談Q&A


なぜ弁護士?