親権について争いとなっています。裁判ではどうなるのでしょうか?

親権についてよくある相談Q&A

A) 調停や裁判においては、子どもが小さい場合、原則として、母親優先です。

裁判官しかし、それ以外にも、経済的能力、資産状況、子ども自身の意思などの諸事情も考慮されます。

最終的には、どちらを親権者とすることがその子どものためになるかという視点から判断されます。

 

 

プロの離婚弁護士はここが違う!当事務所の親権獲得サポート

当事務所の離婚事件チームは、親権を獲得するために、以下のサポートを行っています。

 

専門弁護士による親権相談

弁護士本村安宏親権を獲得するためには、親権問題についての専門知識やノウハウが必要です。

ところが、福岡はもちろん、全国的にみても、離婚問題を専門とする弁護士は決して多くありません

当事務所では、親権に悩む方々を強力にサポートするために、親権問題については、離婚事件の専門チームに所属する弁護士が対応しています。

親権問題のプロフェッショナルがご相談者様の状況に照らして、裁判になったときの親権取得の見通しや、親権を獲得するための、今後の戦略(進め方)について、わかりやすく助言いたします。

 

監護者指定・子の引渡しの審判サポート

親権を獲得するために、通常思い浮かべるのは「裁判」で戦うことです。

しかし、離婚の裁判は、判決が出るまでに長年月を要します。

相手方が子どもを監護している場合、裁判で戦っている期間の分だけ、相手方の監護実績が出来上がってしまいます。

そのため、当事務所の離婚弁護士は、裁判手続ではなく、「監護者指定・子の引渡しの審判」という手続を申立てることをご提案しています。

この手続は、裁判ほど時間がかからず、離婚成立までの監護者を指定し、監護者の指定を受けたら子どもの引き渡しを受けることが可能です。「離婚成立まで」という制限があり、前哨戦のようなイメージもあります。

しかし、この手続によって監護者と指定されると、後々裁判で親権を争ったとき、敗訴する可能性は極めて低くなります。

なぜならば、裁判で戦った期間、自分が監護者として子どもを育てる実績が積み上がるからです。

したがって、監護者指定の審判は、事実上、親権を獲得するための重要な手段となります。

 

面会交流あんしんサポート

弁護士竹下龍之介仮に、親権の取得が困難な場合、次善の策として、面会交流を充実させることも検討すべきです。

なぜならば、子どもの健やかな成長のためには、両方の親のサポートが重要だからです。

親権者となれなくても、あなたが親であることには変わりがありません。当然、子どもと面会交流する権利があります。

当事務所の離婚弁護士は、仮に親権を獲得できない場合、面会交流を充実させるための様々な取り組みを行っています。

裁判の流れ親権は、子どもの将来に重大な影響を及ぼします。

当事務所の離婚弁護士は、「子供の将来のため」という視点から、親権について、強力にサポートいたします。

親権についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。

 
ご相談についてはこちらから

 
福岡県外にお住まいの方は電話相談が可能です

 


親権についてよくある相談Q&A

「親権」についてよくある相談Q&A


なぜ弁護士?