婚約破棄をされました。相手方に慰謝料請求をすることはできますか?

婚約破棄についてよくある相談Q&A

弁護士の回答

結婚に先立ち、男女間で婚約を結ぶことも少なくありません。

しかし、婚約を取り交わした後に婚約を一方的に破棄された場合、破棄された側は、精神的に大きく傷つくことになります。

そればかりか、結婚のためにお金をかけて準備していたり、仕事をやめてしまっていたりしている場合には、それが財産的(金銭的)な損害となって、破棄された側に大きくのしかかってくることになります。

このような場合に、婚約を不当破棄した者に対して、慰謝料等の損害賠償を請求することができる場合があります。

ポイントの解説をする女性のイラスト婚約破棄による慰謝料請求を考えた場合、まず注意すべきなのは、そもそも婚約が法的に成立しているのか、という点です。そこで、婚約の意味について、最初にご説明いたします。

重要な要件として、どのような破棄の態様であれば、慰謝料請求が可能であるかをご説明いたします。

 

婚約破棄に基づき慰謝料が請求できる場合

慰謝料のイメージイラスト婚約が成立すると、婚約した者は「正当な理由」もなく婚約を履行しない相手に対して、損害賠償を請求することができます。

裁判所は、正当な理由の有無については非常に慎重に判断しています。

婚約破棄が正当なものとして許される例には、次のようなものがあります。

①相手の不貞行為

婚約者がいるにもかかわらず、異性と不貞関係を結んだうえ、婚約破棄を申し入れてきた場合、あるいはこちらから婚約破棄を申し入れた場合、慰謝料を請求することが可能になります。このときも、相手が婚約者以外の異性と交際していることを示す証拠が必要になりますので、相手方が否定する場合には、メールや写真などあらゆる証拠を集めましょう。

②相手から虐待、暴行、重大な侮辱を受けた

このような場合、相手方の虐待、暴行、侮辱行為は不法行為にあたる可能性があります。そのような行為があった場合は、婚約破棄に基づく慰謝料請求が認められます。

③相手が結婚式直前に無断で家出して行方をくらました

④相手方に結婚式直前や初夜における社会常識を逸脱したいような言動がある

 

以上の場合、婚約破棄に基づき慰謝料を請求することが可能です。

弁護士勝木萌相談風景画像どの事由にあたる場合であっても、相手方が事実を否定すると、慰謝料を請求する側が、相手方の不当な破棄の態様について証明しなければなりません。

したがって、メールや日記など、証拠となりそうなものは全て残しておきましょう。

婚約破棄による慰謝料請求は、どのような場合であっても無条件に認められる者ではありません。これまで説明したように、破棄の態様が不当なものである必要があります。

婚約破棄に基づく慰謝料請求をご検討の方は、弁護士にご相談されることをお勧めします。

 

 

婚約破棄でお悩みの方は専門の弁護士にご相談ください

当事務所の家事事件部は、婚約破棄の問題に関して、以下のサポートを行っています。

 

専門弁護士による相談対応

弁護士宮崎晃婚約破棄は、慰謝料請求の是非について、適切な見通しを立てることができるか否かがポイントとなります。

婚約の成否や不当破棄の該当性について、専門知識や裁判実務の経験が必要です。

当事務所では、弁護士の専門特化を進めております。

弁護士は、幅広く何でも対応するというスタンスでは、質の高いリーガルサービスを提供できないと考えているからです。

婚約破棄について、当事務所では、家事事件部に所属し、離婚や男女問題を専門とする弁護士による専門相談を行っています。

正式なご依頼の前に、当該事案において、慰謝料の可能性について、弁護士がわかりやすく助言を致します。

また、婚約の不当破棄ではないにもかかわらず、相手方から慰謝料を請求されている側のご相談にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

示談交渉サポート

裁判になると、解決まで長年月を要します。そのため、依頼者の方の労力や弁護士費用などの負担が大きくなってしまいます。

当事務所では、迅速に解決するために、まずは示談交渉をご提案しています。これは、弁護士が依頼者に代わって相手方と交渉し、示談による解決を目指すというサポートです。

この示談交渉サポートは、弁護士が全面的な窓口となり、依頼者が直接相手方と接することはありませんので、ご安心いただけるというメリットがあります。

また、当事者同士では、感情的になって話し合いにならない場合、弁護士が仲介役となることで冷静な話し合いが期待できます。そして、早期解決を期待できます。

 

訴訟サポート

裁判依頼者の方の中には、示談ではなく、裁判で徹底的に戦いたいという方もいらっしゃいます。

当事務所では、そのような目には見えない「想い」であっても、大切な価値であると考えています。

裁判を希望される方には、弁護士が代理人となって、相手方と戦い、適切な判決を得るように尽力します。

 

婚約破棄については、当事務所の家事事件部まで、お気軽にご相談ください。

実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。

 
ご相談についてはこちらから


婚約破棄についてよくある相談Q&A

「婚約破棄」についてよくある相談Q&A


なぜ弁護士?