依頼から1か月で離婚が成立した夫Rさん(30代)の事例

ご相談者Rさん (福岡市中央区)
職業:会社員
婚姻期間:2年
解決方法:協議
子どもあり
離婚を切り出した

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

状況

Rさんは2年ほど前に結婚し、その後子どもが生まれました。しかしながら、次第に喧嘩が増えたことで二人は別居することとなりました。そして、別居からしばらくして互いに離婚を考えるようになり、条件面の話合いをしていました。ところが、Rさんは仕事も多忙の中、妻と協議を続けることは負担が大きいと思い、弁護士に相談しました。

 

弁護士の関わり

依頼後、Rさんにかわって妻と離婚に向けて条件交渉を行いました。
当初妻は子どもとRさんとの面会交流に対して消極的で、「会わせたくない。」との意向を持っていましたが、面会交流が子どもの成長のために必要不可欠であることを丁寧に説明し、最終的には応じてもらうことができました。
そのほかの条件についても、一つ一つ協議していき、結果として1か月という短期間での解決を実現しました。

 

補足

離婚後のトラブルを防ぐためには、専門家による協議書の作成が不可欠です。

今回のケースでは、弁護士が間に入ったことにより、相手方が専門家の話を聞いて、考えを整理し解決までの期間が短くなりました。おそらく当事者同士で話し合っていてもどこから話をすればいいのか、そもそも何を話し合えばいいのかもわからず、時間がかかってしまうことも多いと思います。

また、Rさんのように仕事も多忙な状況で、離婚という重要な協議を行うのは、時間的にも精神的にも負担が大きく、日常生活に支障を来すことも考えられます。このような場合には、弁護士に代理交渉を依頼することで負担を軽減することができます。




あなたにおすすめの事例

  • 1
  

実施されていなかった面会交流を行えるようになった夫Eさんの事例

Eさんは2人のお子さんを設けた後、妻の不貞行為が発覚し離婚しました。Eさんは、相手である男性に慰謝料を請求しましたが、元妻は慰謝料への抵抗と、面会交流にも応じない姿勢を示しました。お子さんとの面会交流[...]

依頼結果:

面会交流○実現


/ 公務員 / 婚姻期間:8年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点
なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?