風俗通いの夫から離婚慰謝料として300万円を手に入れた妻Iさん

ご相談者Iさん (福岡市南区)
婚姻期間:約30年
解決方法:協議
子どもあり (2人)
離婚を切り出した

相手:公務員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

状況

Iさんは、公務員である夫と20代の頃結婚し、子ども二人を育てました。

ところが、夫は数年前から頻繁に風俗に通うようになりました。

Iさんは、そんな夫に愛想を尽かし、子どもが巣立ったのを機に、離婚と慰謝料を請求しました。

しかし、夫が応じなかったため、弁護士に交渉を依頼されました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、夫に対して内容証明郵便を送り、500万円の慰謝料と離婚を要求しました。

当初、夫は慰謝料を支払う必要はないなどと反発しましたが、粘り強く説得しました。

その結果、夫から300万円の慰謝料を受け取る内容で、離婚することができました。

 

補足

風俗は不貞行為にならないと主張する夫は多くいます。

しかし、異性との性交渉である以上、不貞行為というべきです。

また、この事案では、頻繁に風俗に通っており悪質ですので、それなりの慰謝料が発生すると考えてよいでしょう。

 

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをごらんください。





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

検索条件: 慰謝料を増額

  • 1
  

不貞相手を明かさない妻から慰謝料獲得と離婚を成立させたDさんの事例

結婚後半年もたたない間に、妻はDさん以外の男性と不貞関係を結んでいたことが明らかになりました。Dさんは、自宅から妻を追い出す形で、別居が開始しました。Dさんと妻の間にはお子さんはおらず、離婚の争点は不[...]

依頼結果:

慰謝料150万円(150万円増額)


/ 会社員 / 婚姻期間:2年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点