単身赴任で別居していた夫が交渉により離婚を成立させた事例

ご相談者Sさん (東京)
職業:会社員
世帯年収:1500万円
婚姻期間:16年
解決までの期間:2ヶ月
解決方法:協議
子どもなし
離婚を切り出した

相手:40代会社員

サポート無 サポート有 減額利益
離婚 不成立 成立
慰謝料(解決金) 1000万円 500万円 500万円

 

状況

離婚Sさんは、16年前に妻と結婚しましたが、子どもはできませんでした。
Sさんは、結婚後しばらくして妻から「汚い。」などと言われたため、それを気にし、一切性交渉をしなくなったのです。そして、結婚生活も形骸化したものとなっていました。当初、福岡で2人で生活していましたが、結婚後5年が経った頃、東京へ転勤することとなりました。Sさんは、妻との生活を苦痛に感じていたので、離れる良い機会と考え、単身赴任をすることにしました。
Sさんは、別居後数年経った頃、交際相手の女性ができました。そのため、Sさんは、妻と面談し、離婚したいと話しました。しかし、妻は離婚に応じませんでした。
困ったSさんは、今後について弁護士に相談することにしました。

 

弁護士の関わり

弁護士弁護士は、協議離婚の交渉を引き受け、妻に対して、離婚を求める文書を出し、協議を開始しました。ところが、妻は離婚に応じず、また、妻も弁護士を立ててきました。
弁護士は、妻側の弁護士に対して、別居から長期間が成立していることから、仮に裁判になったとしても離婚が認められると主張しました。
これに対して、妻側は、別居ではなくただの単身赴任であったと反論しました。また、その上で、もし、離婚に応じて欲しいのであれば、1000万円を解決金として支払うことを要求してきました。弁護士は、高額であることを主張し、減額交渉し、500万円を支払うことを条件として離婚を成立させました。

 

補足

チェックのイメージイラスト離婚訴訟において、裁判所が離婚を認めるのは、民法所定の離婚原因がある場合です。

離婚原因について、くわしくはこちらをごらんください。

本件では、離婚原因のうち、「その他婚姻を継続し難い重大な事由」(民法770条1項5号)に該当するか否かが論点となります。すなわち、別居から相当な期間が経過すると、この事由に該当すると考えられています。

どの程度の期間を持って「相当な期間」かは一概にいえませんが、本件のように、離婚を求める側が異性と交際している場合、有責配偶者と認定されるリスクがあります。有責配偶者の場合、離婚に必要とされる別居期間は長期間となります。

しかし、本件ではSさんが別居してから10年以上が経過していたため、もし、有責配偶者であったとしても、離婚が認められる可能性はありました。

ただ、問題なのは、妻側が別居であることを否定し、ただの単身赴任だったと反論していたことです。

もし、別居ではなく単身赴任と認定されれば、Sさんの離婚は認められない可能性が高い事案でした。

この事例の慰謝料に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 

プロの離婚弁護士はここが違う!当事務所の離婚問題解決サポート

当事務所の離婚事件チームは、離婚問題を迅速に解決するために、以下のサポートを行っています。

 

専門弁護士による離婚相談

弁護士竹下龍之介離婚問題では、離婚に関わる様々な法的知識はもちろん、社会保険関係などの関連知識、交渉や家裁実務に対するノウハウ等必要となります。

ところが、福岡はもちろん、全国的にみても、離婚問題を専門とする弁護士は決して多くありません。

当事務所では、離婚問題に悩む方々を強力にサポートするために、すべての離婚相談について、離婚事件の専門チームに所属する弁護士がご対応しております。

離婚問題のプロフェッショナルがご相談者様の状況に照らして、離婚裁判のときの離婚判決の可否や、離婚を早期に成立させるための、戦略(進め方)について、わかりやすく助言いたします。

当事務所の離婚弁護士は離婚相談に絶対的な自信を持っております。

正式にご依頼されてなくても、ご相談だけでも結構ですので、安心してご相談されてください。

 

代理交渉サポート

記録離婚問題を弁護士に依頼する場合、「離婚調停」や「離婚裁判」をイメージされる方が多いかと思います。

しかし、家庭裁判所の手続は、解決するまでに長年月を要します。

多くの方は、長期間の紛争に心身ともに疲れ果てることとなります。

そのため、当事務所の離婚弁護士は、弁護士が依頼者の代理人となって交渉し、早期解決を目指す、「代理交渉」という手法をご提案しています。

家裁を通さず、話し合いによって解決するため、時間を大幅に短縮できる可能性があります。また、離婚専門で、かつ、交渉のプロである離婚弁護士が相手方を説得するので、適切な条件で円滑に解決できる可能性があります。

 

調停・訴訟サポート

代理交渉で解決できない場合、次善の策として、調停や訴訟のサポートも行っております。

依頼者に有利な証拠資料を提出したり、最新判例等に基づく説得的な主張を行うことで、適切な条件での解決を目指します。

 

六法と弁護士バッジ離婚問題は、戦略を誤ると長期化したり、泥沼の争いとなってしまいます。

当事務所の離婚弁護士は、迅速に、適切な条件で円満に解決するためのサポートを提供しています。

離婚についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

実績豊富な弁護士が丁寧にお話を伺い、あなたにとって最善の解決へサポートします。

 
ご相談についてはこちらから

 
福岡県外にお住まいの方は電話相談が可能です

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 面会交流のルール作り
  • 浮気
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  

不貞をした妻から慰謝料を獲得し、反省文言を入れて離婚を成立させた夫Cさんの事例

Cさんは、度重なるDさんの不貞に悩まされていました。不貞相手の男性からはCさん自ら交渉して慰謝料の回収をしていましたが、Dさんとの関係では未だに清算がなされていませんでした。 また、Dさんの家庭環境[...]

依頼結果:

離婚○成立
慰謝料50万円(50万円増額)
養育費月額3万4000円(月額1万6000円減額)
財産分与0(相当額分減額)


20代男性 / 会社員 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?