絶対に離婚に応じない夫との離婚を成立させた妻Hさんの事例

ご相談者Hさん (佐賀県武雄市)
職業:会社員
婚姻期間:20年
解決方法:調停
子どもあり
離婚を切り出した

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 利益
離婚 ×不成立 ○成立
養育費 なし 月額3万円(1人当たり) 月額約6万円
年金分割 なし 0.5 月額約2万円

 

状況

Hさんは20年ほど前に夫と結婚し、子どもがいました。

家族5人で平穏に暮らしていましたが、ある日夫が浮気をしていたことが発覚しました。

お子さんのこともあり、夫との関係をどうするか迷っていたHさんは、当事務所に相談に来られ、しばらくして離婚を決意し、依頼を受けました。

 

弁護士の関わり

夫の浮気については、十分な証拠もありましたので、協議にて離婚の請求と慰謝料の請求を行いました。

その後、電話や面談を複数回行って、協議を進めていきましたが、夫は頑なに離婚を拒否したため、調停を申し立てました。

調停においても、夫は依然として離婚に消極的でしたので、訴訟提起も視野に入れつつ、そのことも調停委員を通じて夫に伝え、粘り強く交渉しました。

その結果、訴訟に移行せずに調停で離婚が成立し、お子さんの養育費も大学時の部分も含めて合意することに成功しました。

 

補足

今回のような相手方に浮気=不貞行為があった場合、証拠からそのこと認められれば、民法770条1項1号に該当するため、裁判での離婚が可能です。

したがって、今回のケースでも最終的には裁判を提起して離婚を求めれば、離婚することができます。

しかしながら、裁判となると、平均して1年以上の期間がかかります。

離婚訴訟の場合、裁判の前に調停をしなければなりませんので、2年近くかかることは覚悟しておかなければなりません。

したがって、依頼者の精神的な負担も大きくなってしまいます。

そこで、訴訟になった場合の見通しを相手方に伝えて、できるだけ長期化させずに解決する方法をまずはとるべきです。

そのあたりの見極めは複雑かつとても重要ですので、専門家である弁護士に任せるべきです。

 

 





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  

酒癖も悪く、親権を争ってきた夫との離婚を成立させた妻Jさんの事例

夫は酒癖が悪く、出産前後も心無い行動で、妊娠出産期に大きな精神的負担をかかえて過ごしました。Jさんは、別居を開始しました。夫は、親権を譲らず、離婚調停と面会交流調停を申し立ててきました。Jさんは婚姻費[...]

依頼結果:

離婚○成立
親権
婚姻費用月額13万円+未払い分支払い(月額3万円増額)


/ 専業主婦 / 婚姻期間:6年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点