酔った上での暴言による慰謝料請求を1ヶ月半で減額したUさん

ご相談者Cさん (鳥栖市)
職業:自営業
世帯年収:600万円
婚姻期間:5年
解決までの期間:1ヶ月半
解決方法:協議
子どもなし
慰謝料を請求された

相手:30代専業主婦

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート
サポート
減額
利益
離婚
慰謝料 300
万円
150
万円
150
万円

 

状況

自営業を営むCさんは、ある日突然、妻が実家に帰ってしまいました。

後日、暴言に耐えられないので、慰謝料300万円を条件に離婚したい旨の連絡を受けました。
Cさんは、離婚自体はしょうがないと考えたものの、慰謝料の額に疑問を抱き、当事務所にご相談に来られました。

弁護士の関わり

弁護士は、Cさんから事実の聴き取りを行いました。

Cさんは、確かに酒に酔ったうえで暴言を吐いてしまったことはあるとのことでした。

しかし、その具体的な内容を聞くと、裁判になった場合に、妻からの請求額である慰謝料300万円の判決はとても見込めないと判断しました。

 

弁護士は、裁判になったときの見通しをCさんに伝え、妻に対して慰謝料の減額交渉を開始しました。

妻はなかなか300万円を譲歩しようとしませんでしたが、弁護士はねばり強く裁判になった場合の見通しを伝え減額交渉を行いました。

 

その結果、Cさんも納得の慰謝料150万円で離婚を成立させることができました。

 

補足

慰謝料の減額交渉は、裁判になった場合の判決の見通しをたて、それを基準に行うことが必要です。

そうでないと、説得的な減額交渉とは言えないからです。

そのため、慰謝料の減額交渉は、離婚慰謝料に精通した弁護士に相談されることをおすすめいたします。
慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

 

 





関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • スピード解決
  • 不貞行為
  • 浮気をした(自身)
  • 慰謝料を減額
  

慰謝料請求をスピード減額できたEさんの事例

Eさんは、会社員としてはたらくかたわら、休日は社会人同士の交流会に参加していました。 その折、交流会で知り合った既婚者と不貞関係になってしまい、それが妻の知るところとなった結果、慰謝料の請求をさ[...]

依頼結果:

慰謝料80万円(220万円減額)


30代男性 / /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?