不貞行為の証拠がなくても短期間の交渉で離婚を成立させたAさん

ご相談者Aさん (田川市)
職業:専業主婦
世帯年収:280万円
婚姻期間:4年
解決方法:協議
子どもあり (1歳男の子)
離婚を切り出した

相手:40代ドライバー

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート
サポート
増額
利益
離婚 ×
慰謝料 0万円 80万円 80万円

 

状況

Aさんは4年前に結婚し、夫との間には、1歳のお子さんがいました。

ある日、夫の様子が怪しいと思ったAさんが、夫の携帯電話を確認したところ、夫と知らない女性が親しげにメール交換していることを発見しました。

夫に問いただしたところ、夫は単なる友達としか答えませんでしたが、Aさんは夫のことが信用できなくなり、離婚を決意するとともに、当事務所にご相談に来られました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Aさんの主張を裏付ける証拠がないか、聴き取りを行いましたが、せいぜい他の女性と食事の約束をする旨のメールがあるくらいとのことでした。

その証拠では、民法上の離婚事由としての「不貞行為」を立証することはできません。

 

そこで、弁護士は、速やかに相手方に対し協議離婚の申し入れを行うと共に、戦略的に慰謝料100万円を請求することにしました。

一般に不貞行為を行ったことにより生じる慰謝料は、判決になると200万円~300万円になることが多いです。もっとも、それは、証拠がきちんとある場合に限られます。

 

Aさんのように、浮気が疑わしいものの証拠が食事の約束をするメールしかないような場合には、立証不十分として、慰謝料請求が棄却(すなわち0)になってしいます。

弁護士は、訴訟になった場合の見通しを踏まえ、Aさんの夫と粘り強く交渉を重ね、なんとか慰謝料80万円を取得することができました。

 

補足

離婚について、法律上の離婚原因があれば、仮に裁判となった場合でも裁判所は離婚判決を出してくれます。
そして、不貞行為は民法が定める離婚原因の一つです。

問題は、離婚原因は、それを主張するものが立証もしなければならないという点です。

不貞行為とは、婚姻関係にある者が配偶者以外と性交渉を行うことと定義されます。
したがって、食事の約束をするメールがある程度では、不貞行為の立証はできていないということになり、裁判所は離婚判決を出しません。

もっとも、証拠が弱い場合でも、弁護士をつけて相手を説得することで、Aさんのように離婚を成立させることは可能です。

証拠が弱い場合でも、諦めずに、離婚問題に精通した弁護士にご相談ください。

離婚離婚が認められるかについてはこちらをごらんください。

この事例の慰謝料に関する説明は、こちらをごらんください。





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  

酒癖も悪く、親権を争ってきた夫との離婚を成立させた妻Jさんの事例

夫は酒癖が悪く、出産前後も心無い行動で、妊娠出産期に大きな精神的負担をかかえて過ごしました。Jさんは、別居を開始しました。夫は、親権を譲らず、離婚調停と面会交流調停を申し立ててきました。Jさんは婚姻費[...]

依頼結果:

離婚○成立
親権
婚姻費用月額13万円+未払い分支払い(月額3万円増額)


/ 専業主婦 / 婚姻期間:6年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点