浪費妻との離婚を決意した夫Tさんの事例

ご相談者Tさん (神奈川県)
職業:医師
世帯年収:1500万円
婚姻期間:約4年
解決までの期間:3ヶ月
解決方法:協議
離婚を切り出した

相手:専業主婦

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

状況

Tさんは、妻と4年前に結婚しました。

医師であるTさんは年収約1500万円でしたが、家計は専業主婦である妻に任せていました。

ところが、妻の金遣いが荒く、ブランド物を買い漁る等していたため、預貯金があまりない状況でした。

Tさんは、そんな妻に対して愛情がなくなり、弁護士に離婚交渉を依頼しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、妻に協議離婚の申し入れを行い、交渉を開始しました。

当初、妻が離婚に応じなかったため、解決金として500万円を支払うという条件を呈示したところ、離婚が成立しました。

ご依頼から約3か月で解決となりました。

 

補足

男性側の主張では、妻の浪費などが多く見られます。

しかし、ギャンブルに依存しているなど、よほど極端なものでない限り離婚原因(民法770条1項)とはなりません。

そのような場合、相手が納得できる条件(解決金など)を呈示することで迅速に離婚が成立する場合があります。

 

 





関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 面会交流のルール作り
  • 浮気
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  

不貞妻から慰謝料を獲得し、反省文言付きで離婚したCさんの事例

Cさんは、度重なるDさんの不貞に悩まされていました。不貞相手の男性からはCさん自ら交渉して慰謝料の回収をしていましたが、Dさんとの関係では未だに清算がなされていませんでした。 また、Dさんの家庭環境[...]

依頼結果:

離婚○成立
慰謝料50万円(50万円増額)
養育費月額3万4000円(月額1万6000円減額)
財産分与0(相当額分減額)


20代男性 / 会社員 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?