不貞相手から交渉で250万円の慰謝料を取得できたMさん

ご相談者Mさん (福岡市西区)
職業:会社員
世帯年収:500万円
婚姻期間:14年
解決方法:協議
子どもなし
慰謝料を請求した

相手:30代会社員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート
サポート
増額
利益
慰謝料 相当額 250
万円
250
万円

 

状況

Mさんは、14年前に妻と結婚し、平穏に暮らしてきました。
ところが、婚姻後13年ほどして、妻が不貞行為をしてきたことが発覚しました。

妻によると、関係は数年間続いていたとのことです。
Mさんは、このことをきっかけに妻と離婚することを余儀なくされました。

その後、何度か不貞相手の男と話し合いをしたものの、自分の力だけではなかなか解決する事ができませんでした。
そこで、困ったMさんは、ご相談に来られました。

 

弁護士の関わり

Mさんは妻に対しては、慰謝料請求はしないという考えを持っていました。
とはいえ、不貞相手の男に対しては十分な償いをしてもらいたいと考えていました。
不貞行為の態様が悪質だったことも、その理由でした。

そこで、弁護士は、相手に対して400万円の慰謝料を請求しました。その後、相手方にも弁護士が就きました。

当初、相手方は、Mさんの浮気により既に婚姻関係が破綻していたこと、離婚原因はMさんの浮気にあったことなどを主張し、解決金として50万円ほどの提示にとどまっていました。
弁護士は、相手方弁護士と交渉を重ねながら、少しずつ金額を上げていき、結果、250万円を一括で支払うことで合意しました。

 

補足

 

本件は、婚姻関係破綻の原因がMさんの不貞行為にあるかどうかが問題となる事案でした。
また、不貞行為期間の立証がどこまで可能かという問題もありました。
そこで、弁護士は、訴訟リスク等を考慮しつつ、Mさんの利益を最大化するよう交渉を進めていき、結果として250万円を一括で支払うという結果を得ました。

慰謝料請求をする際には、訴訟になったときの見通しを立てる必要があります。
そして、訴訟をせずに解決することがよいケースも多々あり、本件もその一例です。

不倫(不貞)による慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

 




あなたにおすすめの事例

  • 1
  

不貞相手を明かさない妻から慰謝料獲得と離婚を成立させたDさんの事例

結婚後半年もたたない間に、妻はDさん以外の男性と不貞関係を結んでいたことが明らかになりました。Dさんは、自宅から妻を追い出す形で、別居が開始しました。Dさんと妻の間にはお子さんはおらず、離婚の争点は不[...]

依頼結果:

慰謝料150万円(150万円増額)


/ 会社員 / 婚姻期間:2年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点