ケータイの予測変換から発覚!慰謝料をスピード回収できたUさんの事例

ご相談者Uさん (福岡市中央区)
職業:専業主婦
解決までの期間:2ヶ月
解決方法:協議
慰謝料を請求した


サポート無 サポート有 増額利益
慰謝料 相当額 200万円 200万円

 

 

状況

Uさんには、遠方で単身赴任をしている夫がいました。

本件の不貞は、単身赴任中の夫が起こしたものでした。ある日夫のケータイの予測変換を見ると、女性とのやりとりと思われるワードが出てきたことから、夫の不貞が明るみになりました。

なお、相手の女性は既婚者でした。

Uさんは、夫が浮気をしていたものの、婚姻関係は継続することを希望していました。

 

弁護士の関わり

Uさんとしては、相手の女性に責任を取ってもらいたいという意向を強く持っていました。しかし、婚姻関係を継続するうえで、相手の女性の夫の知るところとなれば、逆にUさんの夫も慰謝料請求されかねません。

そのため、いきなり文書を送付することはせず、相手の女性の連絡先に架電して、こちらの主張を伝えました。

始めはこちらの請求に驚いていたものの、相手の女性も夫にばれたくないという気持ちがあったため、交渉はスムーズに進みました。

なお、相手の女性からUさんの夫に求償権を行使されることを避けるため、求償権も放棄させることに成功しました。

 

補足

配偶者の不倫(不貞行為)を理由として離婚する場合、裁判所における慰謝料の相場は 200万円から 300万円程度と言われています。

慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

不貞行為が発覚した場合、証拠の存否が重要になります。もっとも、証拠がないからといって悲観する必要はありません。

本件のように、証拠がなくとも慰謝料を回収できるケースはあります。

もっとも、事実関係をできるだけしっかりと把握することは重要です。相手の名前、連絡先、住所、どれくらいの交際期間なのか、どういう経緯で知り合ったのか。そういった事情を知っておく必要があります。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 婚約破棄
  • 浮気
  • 流産
  • 相手に浮気された
  • 慰謝料を増額
  

婚約者の女性関係により婚約解消。元婚約者から慰謝料を獲得したAさんの事例

結婚前提とした同居を開始。妊娠を機に入籍日、結婚式を挙げることも決め婚約。ところが、男性は婚約後間もなく、他の女性と肉体関係を持ち、精神的ダメージもあり、流産。納得がいかなかったため、今後のことについ[...]

依頼結果:

慰謝料 112万円(112万円増額


20代女性 / 会社員 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点