不貞慰謝料を大幅に減額し2か月で離婚を成立させた事例

ご相談者Hさん (福岡県柳川市)
職業:会社員
世帯年収:400万円
解決までの期間:2ヶ月
解決方法:協議
子どもなし
離婚を切り出した

相手:30代パート

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 減額利益
離婚 不成立 成立
親権 ×
婚姻費用 月額8万円 0円 月額8万円
慰謝料 300万円(一括) 300万円(分割) 分割

 

 

状況

Hさんは、妻と結婚しましたが、前の彼女と結婚をするために離婚をしたいと考えました。

しかし、Hさんの妻は「離婚はしない」、「不貞の慰謝料や婚姻費用を支払え」と言ってきて、話し合いはできない状態でした。

そこで、Hさんは、今後のことについて、弁護士に相談しました。

 

 

弁護士の関わり

弁護士は、妻に離婚を申し入れましたが、300万円をすぐに支払え、婚姻費用を支払えと言ってきました。

しかし、弁護士は根気強く妻の話を聞き、説得したところ、慰謝料300万円を分割で支払うことで離婚をすることができました。

 

 

補足

離婚の話し合いにおいて、相手の話を聞いて根気強く説得することが重要となってきます。

この事例では、弁護士を入れなければ、有責配偶者として離婚できないうえ、数百万円の慰謝料と10年近く月8万円の婚姻費用を支払う必要がありましたが、弁護士を入れたことで早期解決を図るとともに、婚姻費用の支払いをしなくて済みました。

離婚協議は、間に弁護士が入り、その弁護士がしっかりと交渉することで有利な結果を得られることもありますので、当事者で話ができないからと言ってあきらめずにまずは弁護士に相談してください。

 

 





関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 面会交流のルール作り
  • 浮気
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  

不貞妻から慰謝料を獲得し、反省文言付きで離婚したCさんの事例

Cさんは、度重なるDさんの不貞に悩まされていました。不貞相手の男性からはCさん自ら交渉して慰謝料の回収をしていましたが、Dさんとの関係では未だに清算がなされていませんでした。 また、Dさんの家庭環境[...]

依頼結果:

離婚○成立
慰謝料50万円(50万円増額)
養育費月額3万4000円(月額1万6000円減額)
財産分与0(相当額分減額)


20代男性 / 会社員 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?