子どもの独立後、特定の女性と関係をもった夫と熟年離婚の事例

ご相談者Fさん (福岡県糟屋郡)
職業:パート
世帯年収:500万円
婚姻期間:30年
解決方法:調停
子どもあり (2人)
離婚を求められた

相手:50代会社員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 増額利益
離婚 不成立 成立
財産分与 数百万円 1050万円 数百万円
年金分割 なし あり

 

 

状況

Fさんは約30年前に夫と結婚し、その後一男一女をもうけました。

Fさんは主に主婦として家事・育児に従事し、夫は外で仕事を行ってきました。

そして、2人の子ども達が独立したことで、ようやくFさんは肩の荷が下り、これからは夫婦2人で過ごすことになるはずでした。

しかし、子ども達が独立してから数年後、夫が特定の女性と旅行に行くなどしていることが発覚しました。

その後、夫は家を出て行ってしまい、以降別居が始まりました。

Fさんはあまりに突然のことに驚きました。

さらに、それから間もなく、夫に代理人が就きFさんに協議離婚を申し入れてきました。

しばらくは夫の代理人とやり取りをしていたFさんでしたが、次第に不安になり、今後のことについて相談するために弊所にご来所、ご相談されました。

 

 

弁護士の関わり

Fさんも離婚自体致し方ないとは考えていましたが、当初夫が提示していた離婚条件(財産分与)が段々下がってきたことに納得がいかず、不安を感じている様子でした。

具体的には、最初は夫がFさんに 1000万円近くを渡す方向で話が進んでいたにもかかわらず、ご相談時にはそれが数百万円にまで条件を落とされていました。

また、夫の女性関係も気になるところでした。

弁護士は、財産分与・慰謝料等についての説明をして、今後の見通しを示しました。

Fさんからのご依頼後、弁護士は夫の代理人弁護士に受任通知を送るとともに、夫が関係を持っていたと疑われる女性に対する通知書を内容証明で送りました。

その後、夫側が離婚調停を申し立てたため、裁判所内で離婚の話し合いが行われることになりました。

調停の中では、数回にわたって双方の財産開示、主張等を繰り返しました。また、調停と調停の間にも先方と折衝を継続していきました。

最終的には、解決金全体(財産分与)として夫側がFさんに合計1050万円を支払うこと、年金分割を行う内容で離婚調停が成立しました。

 

 

補足

本件のFさんのように、突然離婚問題が降りかかり、しかも代理人弁護士から受任通知が届くケースでは、ご不安を覚える方が多いかと思います。

しかも、本件では当初の話とは全く異なった離婚条件の提示があったため、その不安はより大きなものだったと思います。

そうした場合、離婚交渉や離婚調停等の中で主張すべきことをしっかりと主張していくためには、離婚問題に精通した弁護士によるサポートが必要不可欠です。

そして、まずはご相談いただくことで、今後の進め方等が見えてくるかと思います。

離婚問題でお悩みの方は是非ご相談ください。

 

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の年金分割に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 




あなたにおすすめの事例

  • 1
  

酒癖も悪く、親権を争ってきた夫との離婚を成立させた妻Jさんの事例

夫は酒癖が悪く、出産前後も心無い行動で、妊娠出産期に大きな精神的負担をかかえて過ごしました。Jさんは、別居を開始しました。夫は、親権を譲らず、離婚調停と面会交流調停を申し立ててきました。Jさんは婚姻費[...]

依頼結果:

離婚○成立
親権
婚姻費用月額13万円+未払い分支払い(月額3万円増額)


/ 専業主婦 / 婚姻期間:6年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点