一方的に出て行った夫と50パーセントの年金分割で離婚を成立させた妻Fさんの事例

ご相談者Fさん (福岡県糟屋郡)
職業:パート
世帯年収:500万円
婚姻期間:30年
解決までの期間:1年2ヶ月
解決方法:調停
子どもあり (2人)
離婚を求められた

相手:50代会社員

サポート無 サポート有 増額利益
離婚 不成立 成立
財産分与 数百万円 1050万円 数百万円
年金分割 なし あり

 

 

状況

Fさんは約30年前に夫と結婚し、その後一男一女をもうけました。

Fさんは主に主婦として家事・育児に従事し、夫は外で仕事を行ってきました。

そして、2人の子ども達が独立したことで、ようやくFさんは肩の荷が下り、これからは夫婦2人で過ごすことになるはずでした。

しかし、子ども達が独立してから数年後、夫が特定の女性と旅行に行くなどしていることが発覚しました。

その後、夫は家を出て行ってしまい、以降別居が始まりました。

Fさんはあまりに突然のことに驚きました。

さらに、それから間もなく、夫に代理人が就きFさんに協議離婚を申し入れてきました。

しばらくは夫の代理人とやり取りをしていたFさんでしたが、次第に不安になり、今後のことについて相談するために弊所にご来所、ご相談されました。

 

 

弁護士の関わり

Fさんも離婚自体致し方ないとは考えていましたが、当初夫が提示していた離婚条件(金銭面)が段々下がってきたこともあり、将来の生活に不安を覚えていました。

具体的には、当初1000万円程度の提示だったものが、数百万円単位での減額主張をされていました。

また、当時Fさんは就労していましたが、パート収入(年収60万円ほど)のみだったため、その不安は大きなものでした。

弁護士は、Fさんに今後の生活を支えるための年金分割の制度について説明をしました。

Fさんからのご依頼後、弁護士は夫の代理人弁護士に受任通知を送りました。

当初代理交渉で離婚協議が進んでいましたが、夫側が離婚調停を申し立てたため、裁判所内で離婚の話し合いが行われることになりました。

最終的には、離婚に伴う解決金全体として夫側がFさんに合計1050万円を支払うこと、年金分割を行う内容で調停離婚が成立しました。

 

 

補足

本件のFさんのように、突然離婚問題が降りかかり、しかも代理人弁護士から受任通知が届くケースでは、ご不安を覚える方が多いかと思います。

とりわけ、数十年の婚姻生活期間中、主に専業主婦をしてこられ、今後年齢的にもなかなか就労による収入が見込めない場合、その不安はより大きなものとなります。

そうした不安を少しでも取り除くための制度として、年金分割の制度があります。

婚姻生活が長期間に及ぶ熟年離婚の場合、年金分割を確実に行うことはとても重要です。

将来もらえる年金額が上がることがほとんどだからです。

本件のFさんも離婚に伴う年金分割を請求し、これを行いました。

年金分割について疑問に思われることなどございましたら、是非ご相談ください。

 

この事例の離婚に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをごらんください。

 

 



※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。




関連記事

年金分割とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 別居
  • 熟年離婚
  • 連絡が全くとれない
  • 相手に浮気された
  • 年金分割
  

調停に出てこない夫から50%の年金分割を受けた妻Yさんの事例

Yさんは、25年前に夫と結婚し、2人の子どもに恵まれました。今では2人とも成人しています。ところが、夫は女性と浮気をし、自宅から出て行き別居が開始しました。夫には遊ぶ金を作るためか、借金があることも分[...]

依頼結果:

年金分割 50%獲得


50代女性 / 専業主婦 / 婚姻期間:25年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?