離婚に応じないDV・モラハラ夫と協議で離婚を成立させた妻の事例

ご相談者Tさん (福岡市城南区)
職業:パート
婚姻期間:15年
解決方法:協議
子どもあり (10歳(重度の知的障害あり))
離婚を切り出した

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

依頼前 依頼後 利益
離婚 ×不成立 ○成立
財産分与 0円 215万円 215万円
婚姻費用 × 月額10万円 月額10万円
養育費 × 月額3万円 月額3万円
年金分割 × 50% 50%

 

状況

Tさんは、15年前に夫と結婚し、その5年後に子どもを授かりました(子どもには重度の知的障害がありました)。

しかし、夫は、Tさんに対し、日常的に殴る、蹴る等の肉体的暴力やTさんの人格を否定するような精神的暴力を繰り返していました。

そのため、Tさんは、何度も実家へ帰ったり、警察を読んだり、病院を受診したりしてきました(当時の診断書や写真(痣)あり)。

そんなある日、夫の財布からコンドームや風俗の会員カードが見つかりました。そこで、Tさんは、離婚を決意し、当事務所に来所し、今後の対応等について相談しました。

 

弁護士の関わり

弁護士は、Tさんと打ち合わせを行い、別居日を決めました。そして、その日にTさんを実家へ避難させました。子どもは知的障害があったことから施設に入所しました。

また、Tさんは夫のDVに脅えていたため、警察へ相談に行き、防犯登録を行いました。

そして、別居日に夫に対して文書で協議離婚を申入れ、婚費請求(月額12万円)、財産分与、年金分割を要求しました。

夫は弁護士にも暴言を浴びせるなどしたため、直接の交渉は話になりませんでした。そこで、夫に弁護士に相談に行くよう誘導し、夫にも弁護士が付きました。

そこで、弁護士は夫の弁護士と交渉し、その結果、離婚に応じさせることができました。

 

補足

パートナーがDV加害者である場合、まず被害者に別居させるなどして、物理的な距離を置くことが大切です。本件でも、Tさんを実家に避難させ、夫にTさんへの接触禁止を通知しました。

これでほぼ依頼者への直接の接触は防ぐことが可能です。

しかし、DV加害者は、激高し、弁護士に対しても暴言を吐くことが多々あります。これでは話し合いになりません。このような場合、相手方にも弁護士が付くことで冷静な話し合いが可能となり、協議離婚が成立することがあります。

この事例の財産分与に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の婚姻費用に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の養育費に関する説明は、こちらをごらんください。

この事例の年金分割に関する説明は、こちらをごらんください。
なお、今回の事案のようなモラハラ夫について、くわしくは当事務所のDV・モラハラサイトをご覧ください。

 

 





なぜ離婚問題は弁護士に相談?良い弁護士の見極め方とは…?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  

酒癖も悪く、親権を争ってきた夫との離婚を成立させた妻Jさんの事例

夫は酒癖が悪く、出産前後も心無い行動で、妊娠出産期に大きな精神的負担をかかえて過ごしました。Jさんは、別居を開始しました。夫は、親権を譲らず、離婚調停と面会交流調停を申し立ててきました。Jさんは婚姻費[...]

依頼結果:

離婚○成立
親権
婚姻費用月額13万円+未払い分支払い(月額3万円増額)


/ 専業主婦 / 婚姻期間:6年



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の原因

 離婚の争点