既婚者と浮気をしてしまい250万円の慰謝料を請求された未成年者Sさんの事例

ご相談者Sさん (熊本県菊池市)
職業:大学生
解決までの期間:6ヶ月
解決方法:協議
慰謝料を請求された

相手:会社員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 減額利益
慰謝料 250万円 100万円 150万円

 

 

状況

Sさんは、相手方Hさんの夫であるMさんと約半年ほど交際をしていました。

Sさんは、Mさんと交際を始めた当初、Mさんが既婚者であることを知りませんでしたが、交際後しばらく経つと、SさんとMさんの共通の友人からMさんが既婚者であることを知らされました。

また、同時期に、HさんにSさんとMさんの関係が発覚してしまいました。

Sさんは、Mさんが既婚者であったことを知った後、Mさんと連絡を取るべきでないとは考えていましたが、既にSさんとMさんが深い関係になっていたことから、最後だと思い一度だけMさんと肉体関係をもってしまいました。

その後、しばらくHさんやMさんからSさんに対し何ら連絡はありませんでしたが、半年程経った後、Mさんの携帯電話を通して、HさんからSさんに対し慰謝料を請求する旨の連絡がありました。

まだ未成年者であったSさんは、今後どのようにすれば良いかわからず、ご両親と一緒に弊所までご相談に来られました。

 

 

弁護士の関わり

弁護士が依頼を受けてしばらく経つと、相手方弁護士からSさんに対し、慰謝料250万円を請求する旨の通知書が届きました。

これを受け、弁護士は相手方に対し速やかに受任通知を送付し、今後の連絡は全て弁護士を窓口としSさんへの連絡はしないよう要求しました。

また、弁護士は相手方に対し、Sさんが当初Mさんを既婚者と知らなかったことや、Mさん夫婦が離婚に至ってないこと等から、慰謝料250万円は高額すぎる旨の主張をしました。加えて、Sさんが未成年者であり資力がないため、事実上250万円もの大金を支払えない旨主張しました。

これに対し、相手方は、Sさんが反省をしていないことや、Sさん自身に資力がなくてもSさんの親に協力を仰ぐ等してちゃんと責任を負うべきだといった主張をしてきました。

その後、文書や書面による交渉を重ね、結果的には、請求額から150万円を減額した金100万円を支払うという内容で合意が成立しました。

 

 

補足

本事例では、Sさんが当初Mさんを既婚者と知らなかったこと、Mさん夫婦が離婚をしていなかったこと、Mさん夫婦の婚姻関係が短かったこと等から、裁判所による判断になった場合、慰謝料の総額は100万円を下回る可能性がありました。

そのため、裁判での解決をすることも考えられましたが、SさんやSさんのご両親は、出来る限り減額の交渉をして欲しいと考えてはいたものの、Sさんの将来を考え訴訟に移行することは絶対にしたくないとの意向でした。

したがって、弁護士は、相手方に裁判になった場合の見通しを主張しつつ、他方で訴訟を提起されないよう慎重に交渉を進めていく必要がありました。

本事例のように、未成年者が当事者になる場合、未成年者が精神的に追い詰められないよう窓口を弁護士にすることや、未成年者が裁判所に出頭しなくて済むよう訴訟を避けるための交渉をすることが求められるケースが多いです。

そのため、一般の慰謝料請求より弁護士が介入する必要性が大きいと考えられます。

未成年者だけど慰謝料請求をされてしまったという方、またお子さんが慰謝料請求をされてどうすればよいか悩んでいるという方は、まずは一度弁護士にご相談されてみてはいかがでしょうか。

婚約破棄をされて悩んでいる方は、まずは一度弁護士にご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

 





関連記事

慰謝料とは?

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 不貞行為
  • 浮気
  • 長期の不倫
  • 浮気をした(自身)
  • 慰謝料を減額
  

相手が積極的だった不貞の慰謝料請求をスピード減額できたEさんの事例

Eさんは、妻子のある男性と長年懇意にしており、既婚者であることを知りつつ不貞関係を続けていました。ご相談に来られる頃には、肉体関係はありませんでしたが、客観的にみてそれを疑われてしまう行動はとっていま[...]

依頼結果:

慰謝料 100万円(200万円減額)
 


40代女性 / 無職 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?