訴訟をせずに不貞慰謝料を獲得し離婚できたXさんの事例

ご相談者Xさん (福岡市東区)
職業:30代パート
世帯年収:約340万円
解決までの期間:1年5ヶ月
解決方法:調停
子どもあり
離婚を切り出した

相手:30代会社員

※実際の事例を題材としておりますが、事件の特定ができないようにイニシャル及び内容を編集しております。なお、あくまで参考例であり、事案によって解決内容は異なります。

サポート無 サポート有 増額利益
離婚 不成立 成立
慰謝料 0円 340万円 340万円
養育費 0円 月額3万円 月額3万円

状況

Xさんは、夫であるYさんが、Zさんと不貞をしているということで相談に来られました。証拠についてはしっかりそろっており、裁判になってもおよそ負けることはないだろうというほどでした。
しかし、Yさんはなかなか話し合いに応じず、さらに生活費もきちんと払ってくれていない状況でした。
困ったXさんは、この状況を打破するため、弁護士に依頼をされました。

 

弁護士の関わり

まずは生活費をしっかり払ってもらうため、早急に婚姻費用分担調停を申し立てました。
Yさんは、不貞をしたことに対する反省を深め始めていた状況であったため、通常より高額な婚姻費用を支払ってもらうことで合意(調停成立)となりました。

つぎに、議論は離婚へと移行しました。同居中に夫婦で築いた財産はほとんどなかったため、財産分与は争点化せず、議論の中心は慰謝料と養育費でした。
ところが、ここでYさんは突然自己都合退職してしまい、急に無収入となってしまいました。退職理由も判然としないものでした。

さらに、Yさんは調停に無断で欠席をするようになったため、調停は不成立となりました。
それだけでなく、Yさんは何度電話をかけてもまったく出なくなりました。

このまま訴訟へ移行してもよいところでしたが、まずはYさんと話し合うことが重要と考え、なんとか連絡が取れたタイミングで弊所に来ていただくよう説得をしました。

Yさんには弁護士が付いていないため、自分一人ではどうしたらよいのかわからず逃げてしまったというのがYさんの言い分でした。

とはいえ、責任はしっかりとってもらわなければなりません。そこで、一定の長期分割を認めるとして、慰謝料総額はしっかりはらってもらう(今回のケースでは総額250万円)ことを約束する形で解決とし、公正証書を作成することができました。

今回は、不貞相手であるZさんに対しても慰謝料請求を行いました。Zさんは年齢も若く、支払能力も乏しい状況でしたが、まわりの関係者の協力もあり、90万円を一括で支払ってもらうことで合意しました。

 

法的問題

配偶者が不貞行為を行った場合、その配偶者に対してはもちろん、不貞相手に対しても慰謝料請求をすることができます。

また、不貞による慰謝料支払義務は「不真正連帯債務」といい、精神的損害の総額が200万円だとすると、配偶者、不貞相手それぞれにその全額の支払いを求めることができます。

これは、不貞をした者が、加害者であるにもかかわらず「他方が●円はらっているのだから、私はそれを差し引いた▲円しか支払わない。」といった反論をさせないためです(つまり、負担の割合は加害者双方で解決すべきであり、被害者はその議論に関知しないということです。)。

夫が不貞をする場合、不貞相手の女性が若い方であったために、支払能力が乏しいということはままあることです。しかし、それだけで責任を免れさせることは妥当ではありません。しっかりと請求をしていくべきです。

不貞と慰謝料について、くわしくはこちらをごらんください。

 

補足

離婚訴訟において、裁判所が離婚を認めるのは、民法所定の離婚原因がある場合です。
離婚原因について、くわしくはこちらをごらんください。





関連記事

離婚が認められるか

あなたにおすすめの事例

  • 1
  • 解決金
  • 不貞行為
  • 自宅不動産
  • 別居
  • 熟年離婚
  • 離婚の成立
  • 相手に浮気された
  • DV・暴力
  

長年別居状態であった夫から多額の解決金を受け取り離婚した妻Gさん

Gさんがご相談に来られた際は、別居をしてすでに20年近くが経過していました。夫婦関係が破綻していることは法的な観点からも明らかでしたが、きっかけがなく月日が過ぎてきたという状況でした。[...]

依頼結果:

離婚○成立
慰謝料・財産分与650万円(650万円増額)
不動産Gさん名義に(不動産時価相当額増額)
年金分割あり


60代女性 / 自営業 /



詳細を見る
解決事例一覧ページ


事例を探す

 離婚の争点


なぜ弁護士?